2017年11月14日

風邪の手当て(のどの場合)

風邪の手当て

風は疲れが溜まって体力免疫力が低下した場合に罹るようです。
人混みや電車やバスの乗り物ではマスクを付けるというような、日頃からの用心は勿論ですが、「罹ったかな」と自覚したら、

  1. まずお医者様に診てもらう

  2. 家庭での手当て

    の順番が大事だと思います。自己判断だけでは「風邪をこじらせる」「ほかの病気を見落とす」危険が考えられます。


症状を感じた時に早めに手を打てば、風邪がのどや鼻だけで済んだものを風邪の菌を肺や腎臓まで下ろしてしまうことが、ママあるのです。

素人判断、民間療法だけに走ってしまうのは、だから危険だといいます。単なる風邪だと思っていたものに実は別の病気が潜んでいた、という話はよく耳にします。

今回は喉が痛い時の民間療法をご紹介しようと書き始めていますが、のどの痛みには恐ろしい病気が迫っていることがあるのです。
子供の場合ですがわたくしが4歳の時にのどが痛くて声がでにくくなって、母がお医者に連れて行こうか、といってくれた時に、勤めが終わって帰ってくる父に連れて行ってもらうから、と夕方遅くまで父の帰りを待っていました。(父は母より優しかったから、笑)
実はジフテリアだったのです。
当時は戦後まもなくでジフテリアが子供たちの間に流行っていて同い年の従妹も丁度罹りました。
時間が経つにつれてだんだん声が出なくなり息も苦しくなってきたのをみて、母がニンニクをすりおろして口に含み、わたくしの喉に吹きかけました。結果的にこれが良かったのです。ニンニクは殺菌能力が高いそうです。
ジフテリアは喉に菌が入って胞子のように白い幕を作り、子供の場合は息が出来なくなって亡くなってしまうことがよくありました。(従妹は亡くなりました)


但し、専門家の診断を受けて納得した場合以降は、伝統的な智慧、いわゆる民間療法を試みるのも、体が楽になる良い方法だと考えています。


自宅で手当てをする場合。(母から受け継いだわが家の民間療法です)
@熱めのお風呂

風に罹ったな、と自覚症状があって、熱が出ても頭が痛く無く元気もある場合は、普通のスケジュール通りの生活をして熱めのお風呂にも入ります。

わたくしの場合は42度がいいようです。

銭湯でお年寄りが熱いお湯に平気で入っているときに、わたくしが疑問を口にすると、母の解説では、年を取ってくると皮膚感覚が鈍くなるので、42度以上の熱いお湯に入っても、皮膚は赤くならず、若い人とはお湯の温度への反応が違うそうです。
熱いお湯というのは皮膚が赤くなる程度の熱さです。

疲れが取れるからと、ぬるめのお湯にじっくり入ると余計に風邪を進行させてしまうようです。お風呂の温度や入り方にはそれぞれの用途があるのですね。


A水分補給

汗が出たら、直ぐに着替えられるように下着の準備をしておきます。熱が高い時には下着がグショグショになって、一晩で何枚も代えることになります。
水分は白湯が一番いいのですが、面倒な時にはお水でもよく、一口ずつ、のどの渇きが治まる程度に飲みます。(一度にがぶ飲みはしない)
スポーツ飲料も水分補給にはいいのかもしれませんが、わたくしは、飲むと吐いたり気分が悪くなるので飲みません。水よりジュースが欲しい時もありますね。しかし、一般に子供が好むオレンジジュースは、わたくしの場合おなかを壊すのであまり飲みません。

自分にあった、体が欲しがる水分でいいのでしょうね。


B汗をかく

元気や、やる気が出ない場合は無理をせず、とにかく汗が出るように温かくして腰椎5番(肩甲骨の間の脊椎真ん中が汗のツボなので、そこをホカロンなどで温めるか、蒸しタオル(レンジで濡れタオルをチン)を当てます。
汗が出ない!と苦しんでいる方は是非試みてください。


C熱が下がったら

出来れば一日だけでも外へ出ない。仕事を休む。布団に入ってよく寝る。


誰でも熱のあるうちは、寝ているのですが、民間療法の一番大事なところは、熱が下がったときの養生です。
友人たちは生真面目な方が多く、ほとんどの方が、熱が下がったから、溜まった家事を片付けようと、掃除洗濯買い物仕事の続き、など張り切ります。
これが風の対応には一番悪いのです。
熱が下がっただけで、風邪はまだ治り切っていません。


養生というのは、次に風邪に罹りにくくする抵抗力、体力を養う、という意味があるのですから、体の再生、立て直しには休養する時間が必要なのです。
十分に休まないで動いた場合、またふとしたきっかけで風邪を引いてしまいます。
人間の肉体はいつも「破壊と建設」を繰り返しながら外からの刺激に対応しています。

破壊を受けても、いつでも立ち直る事、建設できる強い体になるには、風邪という経験を活かして、より風邪に対応のできる体つくりをする必要があるのです。
風邪に罹って体力が落ちたままで、日常の活動を始めてしまうと、体が風邪に対する対応能力を学習しないうちに、またまた疲労してしまうので、せっかくのチャンスを無くしてしまうことになるのです。
細胞は日々進化老化していますから、体を再生させる為には、上手に破壊と建設の仕事ができる人ほど健康体といえます。ですから、そのための風邪(破壊)はなんなく遣り過ごせるようになるといいのです。

今回は特にのどのトラブルの為に対処法を説明します。

喉(のど)に効くもの

お医者様にのどの痛みがあるときに何種類かのトローチを貰いますが、トローチといっても薬なので、それではない方法で喉の痛みやカスレを改善する方法を試してみるのもいいでしょう。

、大根の蜂蜜漬け
一番簡単。大根を短冊切りか、小さく切って蜂蜜に漬け、一晩置きます。朝になると水分が上がってきますのでそれを適量(スプーンで2〜3杯)コップに入れてお湯で溶かして飲みます。のどの痛みが取れます。

、葱(ねぎ)スープ
太葱でも万能葱でも好みの味付けでスープとして毎食飲みます。

、葱を長めに切りさっとゆでたものをタオルかハンカチに包んで喉に巻きます。ちょっと臭いがしますが、のどの痛みが一晩で取れます。


、花梨(かりん)の蜂蜜漬け
今(11月の終わり)丁度花梨の実が黄色く色づいてきています。スーパーに出ることもあります。実は大きいので1個で間に合います。蓋つきのガラス瓶(梅酒を漬けるときのような)にスライスした実を入れ、蜂蜜が実にひたひたになるまで入れます)1か月すればエキスを薄めて飲めます。実は固いのでスライスするときに手を切らないように注意が必要です。
喉が弱い人は常備しておき、のどが枯れたり、痛い時に年中使います。

出来上がったものがスーパーで、食品として売られている場合もあります。
わたくしは以前、吉祥寺のロジャース(安売りのお店)で買ったことがあります。

、みんなの前で話す必要のある方に。
玉子の黄身を生で飲みます。(生臭いので、ちょっと勇気が必要。わたくしは人前で話すのが仕事ですので、話す直前に玉子の黄身をツルリと飲むことがありました。90分ぐらいは滑らかに声が出ます。

、パワーストーンがお好きな方、アクセサリーをお持ちの方は、「喉には琥珀」が役に立ちます。のどのトラブルを解消してくれる石は琥珀です。
大抵の方はネックレスやペンダントでお持ちかもしれません。
また、アクセサリーになっている高いものではなく、石やさん(パワーストーンの専門店)では琥珀の原石を安価に売っていますので何かの機会にお店を覗いてもるのもいいですよ。

*喉、咳止め関係は、蓮根(れんこん)、大蒜(ニンニク)、生姜(しょうが)、が渇かせませんね。鶏ガラ出汁でそれらを入れたスープは食欲がない時には大変役に立ちます。もとから作るのが大変な時には、チューブ入りやスープの素を利用するのが便利です。

*わたくしは癌に罹ったときにはこれに人参をすりおろして入れ特性人参スープで乗り切りました。

*具合の悪い時には、あまり食べないのも養生のうちです。


食べ続けていると消化のために内臓が働こうとして疲れを加速することになります。動物は具合の悪い時にはじっとして、体調が戻るのを待ちます。人間も最近は食べ過ぎ飲み過ぎです。自戒を込めて留意したいと思います。


posted by rinko at 10:16| Comment(0) | 健康

2017年11月09日

11月の倫子塾スケジュール


「倫子塾」11月のスケジュール



土曜日: 4,11,18,25日すべての土曜日は平常通り開講です。

*10:30~12:00丹田腹式呼吸法(参加費2000円)

*9:45~10:30場の浄化・気力を鍛える瞑想(自由参加・無料)

*12:00~13:00 古武道の基本稽古素振り、神道夢想流杖道(自由参加・参加費無料)


*18日の午後は國語問題協議會出席の為、倫子のみ不在。指導者、係り員は教室に居ります。


日曜日: 5,12,19,26日。

*第1(5日)、3(19日)日曜日 戸塚教室 13:15~14:45

JR戸塚駅徒歩5分。男女共同参画横浜センター(戸塚フォーラム)見学体験はできます。直接フフォーラムへお問い合わせください。

*第2日曜日(12日)よみうりカルチャー錦糸町教室。10:00~11:30「梵字を書く」講座。



月曜日: 6,13,20,27日

*第2月曜日(13日)。よみうりカルチャー荻窪「梵字を書く」10:30~12:00

*第3月曜日(20日)。「今更聞けない大人のペン習字」吉祥寺「倫子塾」オフイス。参加費2000円)

15:00~16:30(
16:00以降は早帰りOK)


*第4月曜日(27日)。よみうりカルチャー荻窪「古事記に親しむ」講座。




火曜日: 第2,4火曜日。整体。今月は特例で14,21に変更。


水曜日

水曜日; 第2,4水曜日(8,22日)よみうりカルチャー浦和(10:00~11:30)
よみうりカルチャー大宮(12:30~14:00)  丹田腹式呼吸法・癒しの呼吸エクササイズ。

*15日午前中 靖国神社昇殿参拝(倫子のみ)。

*第3,5水曜日(15,29日)18:30~20:30,「倫子塾」吉祥寺本部教室で開講しています。
指導者、担当者2名。参加費(3000円)

*第4水曜日(22日)「倫子塾」で學ぶ 甦る美しい國語講座を開講します。
19:00~20:30吉祥寺「倫子塾」本部教室にて。参加費3000円。

文語表記の美しい國語を読んだり鑑賞したり歌ったり致します。学生時代に受けたかった本当の國語の授業です。


木曜日:

*第2,4木曜日(9,23日)「倫子塾」の丹田腹式呼吸法講座。癒しの呼吸エクササイズ。
15:20~16:50よみうりカルチャー荻窪。


金曜日:


*第3金曜日(17日)よみうりカルチャー荻窪「パワースポットで元気」今月は教室を出る回です。(3回セットの講座で、中1回は現地・いやしろち研修)

都内世田谷の轟渓谷散策をしながら、光やエネルギーの浴び方プラーナヤマの呼吸を学びます。
10:00大井町線「轟駅」改札集合。

午前7時のニュース天気予報で雨の場合は平常通り教室での講座に変更となります。


*第4金曜日(24日)よみうりカルチャー大宮教室。

10:30~12:00「古事記に親しむ」講座。

13:00~14:30「梵字を書く」講座。


*28(火曜日)〜12月1日(金曜日)まで倫子のみ皇居勤労奉仕に参ります。「倫子塾」スタッフは2名居りますので平常通りの活動です。

よろしくお願致します。















posted by rinko at 10:47| Comment(0) | 倫子塾の活動・お知らせ

2017年11月05日

映画「ラストレシピ」を観て2017/11/3

映畫『ラストレシピ』を觀て  2017/11/3 明治節の日に

原作:『ラストレシピ麒麟の舌の記憶』田中経一著(幻冬舍文庫)2014年。「料理の鐵人」等數多くのテレビ番組制作演出家。

                        


人は皆、自分の生まれた時代を超えて生きることは出來ない。


歴史的限界性がある中で、その時代の人々が如何に其の時代の「たった今を生き拔いたか」に尊敬の念を忘れては駄目である」と述べた小林英雄の言を引く迄もなく、それだからこそ、特に映像の世界では、觀賞する側は、まるで當時の人々が目前に甦へつたように、その時代の空氣感を再現してみせてくれることを期待する。

映畫『おくり人』の監督滝田洋二郎氏は、この『ラストレシピ』で、天皇の料理番という、料理人のプロ中のプロの矜り(ほこり)を貫いて果てた祖父の生きざまを通して、觀客をその世界へ誘つて(いざなって)くれた。


1930
年の滿洲という時代と、2017年の現代を、祖父と孫の絆を推理小説を讀み進めるやうに繙いて(ひもといて)行くことで、時代を懸命に生きた人物を描かうとして、それは見事に成功してゐる。

『おくり人』でさうであったやうに、監督は極力周圍の雜音を入れず、「如何に生きたか」のテーマを浮き彫りにしやうと物語りを描いていく。
從って主人公を盛り立てる背景も音も置いてはゐない。


だから、演じる俳優は高い演技力が要求される。


昭和の滿洲という時代を、その中で必死で自分の勉めを果さうとして、疑ひもなく仕事に邁進した主人公の仕事への純粹さが、當時の日本人感をよく表してゐる「科白(せりふ)」そのものでなくてはならない。

主人公を演じた西島英俊氏は殆ど獨白とも言へる科白の細部に亙つて、仕事への矜り(ほこり)と責任を全うしようとした當時の日本人をよく演じたと感じた。


さうして彼の演技の助けになったのが、彼を取り圍む俳優達だ。

彼らの見事な演技は、科白で時代の空氣感を表現しようとして、觀客の期待に應へ(こたえ)、まるで舞臺を直接觀てゐる樣だつた。
 
西島氏が演じる主人公の祖父が請つた仕事の中の理不盡な死。


架空の物語りにしても、當時の日本人なら「然もありなむ」と受け止める事の出來る、現代人のわたくしたちが此處に居る。

子役達も「居たよね、あんな昭和の子供」という風な雰圍氣の子達だったのがよかった。(まあ、動作には現代っ子は隱しやうもなかったが、それは子役ゆゑと云ふことで。

二宮和也君演ずる孫は、祖父と同じ「麒麟の舌を持つ男」と言はれてゐる設定でも、動作、表情全て現代つ子そのもので、昭和の雰圍氣が微塵もなかった。


またそれが、祖父の時代と孫との現代の差がくっきりと描き出されることになっていて良かつた。


最後の、「皆、知つてたんだ」という科白は要(い)らなかつたように思ふ。その一言が物語りの餘韻を帳消しにしてしまつているようで殘念だつた。

「(降る雪や)明治は遠くなりにけり」と句を殘したのは中村草田男だが、この映畫を觀て、熟々(つくづく)昭和も遠くなりにけり、と感じた。


昭和と言ふ時代の一部を切り取つてさへ、時代を描くのは事程左様に(ことほどさように)難しいのだが、救はれることは、日本人の生き方の本質は当時も現代も何も變つてはいない、と云ふ手掛かりがあることだ。


本來の日本人とは、

信じるものに矜り(ほこり)を持ち、命を懸けて信じるものの爲に生き、家族や友人を愛し庇ひ(かばい)、理不盡な(りふじんな)死も受容れる。

どのやうな職にあっても、男女の違ひがあると雖も(いえども)職分を全うする爲に、誠を盡くして義に生きる、それが昭和迄の日本人。


昨年(2016年)8月8日の陛下の御言葉により、昭和は終はりを告げようとしている。


昭和22年生れのわたくしも終活眞つ最中である。

昭和を生きたひとりと言つて良い。
果してこれからの人々に昭和迄の人々の生きざまを、昭和といふ時代の空気感を、歴史を追つて上手く語り傳へて行けるだろうか。


現代の價値觀だけで、當時の人々の生き方を斷罪して仕舞つては、日本人の歴史が抹殺されるのと同じことになる。其れだけは避けたいと思ふ。

明治節(文化の日)に、昭和を考へた一日となった。


2017年10月22日

お知らせ

お知らせ

21日、夕刻よりフェイスブック、停止3日の聯絡があり、御手上げです。

昨日「通州事件」關聯の記事をシェアしてところ、「これは單語の檢索にひっかかるので氣を附けたはうがいい」という忠告を載せてくださった方がいらしたのですが、やはりひっかかったようです。

昨年は「チ○ン」という言葉が含まれてゐて、1日といわれて、1週間でしたが、今度は3日といわれたので、1週間ではすまないかもしれません。

事務局にはどの記事をシェアして規定違反と判斷したのか質問をしましたが、返事はまだです。ですので、他の記事からかもしれません。

「安田がペナルテイ中」というのを御友達に報たいのですが、如何すれば謂ひでせうか。

FBは閲覽可能でわたくしから反應が出來ないだけ、という状況になっています。
御用の御座います方はお知らせしている電話か、PCのメールでご連絡ください。




posted by rinko at 00:16| Comment(0) | 倫子塾の活動・お知らせ