2015年06月30日

高尾山の研修を受けて(感想文・所澤さん)

「氣付き」                        2015.6.30  所澤


 28日日曜日のパワースポット研修の木漏れ日研修で、私は良い写真が撮れなかったので、実は少々がっかりしていました。それで昨日東大の敷地内で、一人で木漏れ日研修をして、氣付きがありました。

○○さん達のような光を吸っていることをイメージして撮ると、比較的上手くとれますが、写真を撮るということより私には大きな氣付きがありました。
柔らかい光を受け取ろうと息を吸うと、首とか頭とか氣が流れることに氣がつきました。首とか肩とか氣が流れるためには、柔らかい緻密な優しい光を吸うような、呼吸が必要なのですね。 それが分かったことが大きな成果でした。腹式呼吸が深くなっただけで、随分と体が楽になってきました。
 この柔らかいエネルギーを得るような呼吸は、更に肩凝りなどを改善してくれると思います。練習を重ねたいと思います。

 周囲の人は光の入る写真は、ハレーションを起こしているだけだというのです。私はそうではないという確信があります。それは未熟な瞑想ですが、木漏れ日研修でカメラに映るような感じのエネルギーが、雲のような感じですが、目をつぶった瞼の裏に見えるからです。その分、体も温まってきます。目からエネルギーが自分に向かって来ることを感じるからです。だからあれはハレーションではないと思います。

 先生が研修の中で、「自分の感覚に自信を持ちなさい」とおっしゃいました。
明治神宮で観たような、

先端が青い光の筋が見えましたし、ふわっとした太い青みが買った光の帯もみえましたし、いろいろなものが見えたり感じたりしたことを、皆様と先生と神様に感謝をしたいと思います。

 上手く行かないことはくよくよするより、今自分ができる努力を素直にするだけで、幸せな気分がやってきますね。

 私が引いたおみくじは末吉でしたが「幸せを決める自分自身の心」とありました。正にその通りだと思います。

 本日午後は、私の呼吸法教室があります。さっそく学んだことを皆様にお伝えできます。さらに喜び倍増です。

 ここまでのお導きに感謝をいたします。どうも有難うございました。



倫子解説:カメラに詳しい方は「レンズのハレーション」だと仰います。

それでいいし、研修をして自然の大氣やエネルギーを感じる人は、何だか別の受け止め方をするようになります。それもいいのです。
決して自分の体験をどなたかに押し付ける性質のものではありません。

ご自身の心とからだに響くもの、心地いいもの、安らぐもの、などを、ご自分の教室で伝えることはできますね。それでいいのです。

28日光2.JPG

posted by rinko at 10:42| Comment(0) | パワースポット研修

6月28日高尾山薬王院パワースポット研修

わたくしの主宰する「倫子塾」のパワースポット研修の目的は、日本の「いやしろち」=良い氣の流れる場所へ出掛けて行き、光と氣を全身に浴びて、普段は氣づかない、自然のエネルギーを体感し、交流することにあります。

御御足の悪い方でも、体調の優れない方でも、ご高齢の方でも、自己責任でご参加されています。

今回は、最高年齢85歳。出発前、自身で体調不良を自覚していた方4名。みなさん、研修が終わる頃には、具合が良くなり、参加して良かったと言ってくださいました。

6月28日光1.JPG

28日光2.JPG
28日梵字.JPG
6月28日高尾山、仏舎利前.jpg
posted by rinko at 03:37| Comment(0) | パワースポット研修

2015年06月26日

甦る美しい國語6月24日を振り返って


24日のわたくしの國語教室にご参加くださった方の中から数通お便り(メール)を戴きました。一部ご紹介いたします。

安田倫子先生
まずは、68歳のお誕生日、おめでとうございます。
愛から生まれる命、昨日のお話から学びました。...
本当に、昨日は、どうも有難うございました。

先生から、日本人の心とたくさんの「元氣」を頂戴致しました。

そのせいでしょうか、本日は、(略)
 良き人々からお電話、メールを頂戴しました。
で、早速、昨日の
倫子先生のご講義の感動を伝えました。

先生のご講義は、数枚のプリントですが、中身が濃く、教養の溢れるものでした。
それに比し、帰りにご一緒に求めました『An An』は、立派なお写真やインタビュー等の割には、中身が薄くがっかり致しました。

先生のお話の一部を、明日、チャンネル桜のコラムで紹介させて頂く予定です。
今後とも、よろしくご指導の程、お願い申し上げます。

高尾山、お気をつけていらっしゃって下さいますよう。(注:28日の倫子塾・パワースポット研修を指す)
改めて、お誕生日、おめでとうございます。
(以上一部転載)


24日の「倫子塾で学ぶ 甦る國語」を受講なさった、Sさんより25日19時過ぎにお便りを戴きました。
とても嬉しく、彼女はFBをやっていないということですが、私の方は、チャンネル桜を拝見することが出来るので今夜を楽しみにしております。

来月の國語教室は「岡崎久彦先生追悼特集講座」で先生の遺稿となりました「義」(非買品)をテキストにして美しい國語を学びます。テキスト「義」はSさんのご好意で、既に戴いておりますので、ご参加の方々に差し上げる予定です。
岡崎先生の漢籍國語の深い教養に裏打ちされた素晴らしい文章に触れて先生の御業績の一端をお伝えするつもりです。