2016年11月30日

倫子塾12月の予定御案内



倫子塾12月の予定御案内
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

月曜日


*5日 倫子塾吉祥寺オフイスにて。」15:00~16:30
  「今更聞けない、ボールペン習字の書き方」前回と今回は「筆ペンで年賀状を書く」
   筆ペンは、前回はお貸ししました。今回もどうぞご遠慮なく。
  葉書や一筆箋のかっこいい書き方を、
中心に、必要に合わせて文語の文章、言い回しにも触れています。
1月からは、毎月第3月曜日15:00からになります。

*12日(毎月第2月曜日) よみうりカルチャー荻窪教室「梵字を書く」10:30~12:00
         1月9日から2週間の予定で「梵字の廊下展」がはじまります。皆様どうぞ観にいらしてくださいませ。このクラスはわたくしが梵字教室を始めて最初の教室で、8年目になります。
現在梵字教室は他に「錦糸町教室」(毎月第2日曜日10:00~11:30)
「大宮教室」(毎月第4金曜日13:00~14:30)が開講中です。

*26日(毎月第4月曜日) よみうりカルチャー荻窪「古事記に親しむ」講座。10:30~12:00
11月の講座は宮中祭祀の中でも特に重要な、神嘗祭、新嘗祭、大嘗祭についてもお話しました。神話伝説ばかりではなく、日本の歴史を知るためには、宮中祭祀を学ぶことは欠かせません。「古事記に親しむ講座」は他に毎月第4金曜日の10:30~12:00よみうりカルチャー大宮で開講中です。
現在は神武天皇東征に入っています。途中からでも、いつからでも講座に加わることができます。説明も一度終わったから二度としない、というのではなく、繰り返しながら理解が深まっていけるように配慮しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

水曜日

*14日(毎月第2,4水曜日)よみうりカルチャー浦和教室。10:00~11:30
倫子塾の丹田腹式呼吸法」
大宮教室「氣力の高まる呼吸法」12:30~14:00
丹田腹式は基本中の基本。それに加えて、整体師でもある倫子が体の師雲を説きながら、凝り(こり)をほぐしていくにはどうしたらいいか、実践をお教えしています。図解もしていますので、ノートが必要な方はどうぞお持ち下さい。ボードの図解を写真に撮りたい方はどうぞ写して下さいませ。

21日(毎月第3、5水曜日)「古武道の基礎実践講座」18:30~20:30木刀等必要です。会費3000円。日本の伝統的な武道を身につけるための呼吸を伴った実践を致しております。
*28日(第4水曜日)よみうりカルチャー浦和教室は「ありません!」ご注意!
大宮教室は「あります!」12:30~14:00お忘れなく!!
             **

28日(第4水曜日)「第21回 倫子塾で學ぶ 甦る美しい國語」講座。19:00~20:30会費3000円。
前回の説明を確認致します。
國語の授業は、神話歴史地理など基本的な項目が網羅されていないと偏った解釈、浅い理解に留まってしまいがちになります。
國語の勉強は人間形成、大人の日本人を育てる大事な項目を落としていないか、確認をする機会を得るということです。
いわば、人間教育の基本になるのが國語で、言葉(特に大和言葉・弥生言葉・文語)の理解の如何で日本人としての教養度が判明致します。

               **
木曜日
*8,22日(毎月第2,4水曜日)よみうりカルチャー荻窪「倫子塾の丹田腹式呼吸法」講座。15:20~16:50
のびのび、いきいき、長く続いている講座です。
9月から10月は蹲踞(そんきょ)と四股(しこ)を中心に足を鍛えて転びにくくする運動を致しました。11月12月はそれに続けて脚を高く上げてその場歩きをしています。やはり今回も「転ばないように」するための運動が中心になります。


15日(第3木曜日)よみうりカルチャー荻窪特別公開講座「心で読み解く百人一首」13:00~14:30
日本人が親しんできた「百人一首」、昨年は高校生向けの映画にもなりました。どのようにして「カルタ」を楽しむか、また、各札(カード)の意味、遊び方、などを解説し、実際に相手とのカルタ取り(源平戦)をご説明して体験していただきます。
只今募集中です。よみうりカルチャー荻窪か、倫子塾までお申込み下さいませ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

金曜日
9日(第2金曜日)特別講座 
渋谷区高齢者健康センターにて「倫子塾の丹田腹式呼吸法」講座。13:30~14:30
渋谷区在住の65歳以上の方35名募集。募集は既に締め切っております。キャンセル待ち。募集は区の広報に載ります。ご好評にて、今回で3回目です。

16日(毎月第3金曜日)よみうりカルチャー荻窪「パワースポットを体感する」講座。3回セットの講座です。カリキュラムは、座学=現地研修=座学になっております。
倫子塾以外の方は現地研修のみは参加できませんのでご注意願います。
11月は虎ノ門の金毘羅宮に参りました。小さい場所ですが、最近は喫煙所が大きく設けられて、もう神様のエネルギーも弱ってきて最後か!と危惧しておりました。
エネルギーが無くならないうちにもう一度行っておこうと、出かけました。
ところが現場は喫煙所が取り払われて、しかも敷石もすっかり綺麗になって、エネルギーが甦っておりました。素晴らしい光の研修が出来まして、参加者も光を受けただけではなく、満足のいく写真も撮れて、本当に有り難いことでした。

*23日(第4金曜日)天長節。よみうりカルチャー大宮。
「古事記に親しむ」講座。神武天皇東征の続きを読みます。10:30~12:00
「梵字を書く」不動明王他、荻窪講座の廊下展賛助作品を色紙に仕上げて、わたくしが預かってまいります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

土曜日

3,10,17,24,31日。「吉祥寺倫子塾本部教室」にて毎週開講致しております。

10:00~10:30自由参加。場の浄化と瞑想の世界。
10:30~12:00丹田腹式呼吸法初心者クラス。
12:00~13:00希望者には古武道の基礎稽古を指導しています。
13:00~14:30丹田腹式呼吸法中級以上クラス。瞑想の呼吸法。プラーナヤマ。チャクラを活性化させる呼吸法等。
初めての方も、入りやすく、ずっと通っていらっしゃる方も、御自分の進歩、変化の度合いが掴めて楽しんでご参加くださっています。
自画自賛ですが、さすがに本部教室。雰囲気がいいのでしょうね。
本部教室は月謝制ではありません。毎回参加費2000です。

31日は年末特別稽古。

井之頭公園にて毎年恒例の寒稽古です。暖かくしてお出かけ下さい。雨天は中止。どなたでも参加できますが木刀持参のこと。参加費2000円。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日曜日
*4、18日(毎月、第1、3日曜日)13:15~15:45戸塚フォーラム(男女共同参画横浜)
「癒しの呼吸エクササイズ」全身を先ずほぐして、体を巡る流れをよくしていきます。
それによって、体の中の滞り(とどこうり)を解消し、自分で自分のこころとからだを調整していくことができます。
*11日(毎月、第2日曜日)よみうりカルチャー錦糸町「梵字を書く」講座。10:00~11:30
やはり、新年開始の荻窪教室への賛助出品をお願いしています。

             **
*スケジュールは変更することが御座います。その場合はできるだけ、このブログでお知らせするように致します。
また、rinko@officerinko.comにお問い合わせをくださってもかまいません。
ただしお名前のわからないメールにはお返事できませんので、「倫子塾への問い合わせ」とか、必ずお名前をお書きくださるようにお願い致します。


posted by rinko at 14:27| Comment(0) | 倫子塾の活動・お知らせ

2016年11月20日

ナースを意味する和語


親しくしていただいている医療ジャーナリストでもある原山建郎先生から11月19日メールを戴きました。
その中から「和語に関する話題」を、わたくしの感想を含めてメモしておきます。

大事な日本語(和語)ですね。
介護の現場こそ、患者、医療従事者互いの信頼関係が重視される。
信頼しあうには、心が通じる、ということが先ず大切である。
心が通じ合うには言葉が通じ合うこと。
言葉は発する人、受け止める人、互いの心を結んでくれるものだからだ。
特に病気の時など、緊急時は生まれ育ったところの言語でなくてはもどかしい思いをする。
医療現場に外国語は馴染まない。


二〇〇四年の日本生命倫理学 会講演で、野の花診療所鏡長・ 徳永進さんが、近代医療の中で 私たちが忘れているものが、
ナー スを意味する十四の和語( つつ しむ、いつくしむ、さする、ささやく、すくふ 、はぐ くを、たっ とぶ、わらふ 、 とまどふ、あやまる、ゆるしあ う、いのる、ほろびる、ゆいま ―る― ―琉球語で助け合う)に隠 されていると語った。

以上『 野の花ホスピスだ より』( 徳永進著、新潮文庫、 二〇〇九年)。 

欧米一辺倒の近代化は、日本 では未成熟に終る予感がする。
日本には日本の昔人の知恵が、 倫理という点においても残され ているのではないかと思う。
英 語で語れないものが和語には隠 されている、とちょっと力を込 めて語った。( 中略)
和語って何だろう。「 よしよし」 かな、「 まもる」かな、「 そば」 かな、いや「 かばう」 、いや違 う。何だろう。 】 ( 同書一七一 〜一

村松さんの、素敵なひと言。
「 察して行動、つないで紡ぐ。 紡ぐには、察する勘が必要。相 手の心に向き合う″ 目と 手″が不可欠。」

以上『メッセンジャーナース』村松静子監修・看護の科学社刊・2016年


*村松さんは、以前は看護婦(看護師)は医師の助手。医師の許可がなければ医療行為は何もできなかった立場から、独立して患者の側に立ち、アドバイスできるようにナースだけで活動のできる場を初めて持った方。

posted by rinko at 07:11| Comment(0) | 健康