2018年05月05日

日本語についての一考察。井上教授の場合

永井 と様経由で戴きました。

2016年5月3日にアップされた記事です。
日本語について
大変面白い記事ですのでご紹介致します。

同志社大学の井上教授です(^o^)/


◇この2年間、日本に関する書籍がたくさん出版された。

◇中国では、反日教育されているが、実際に日本に来て違うと思っている。

...

◇日本は、世界にない、稀な国。

◇京都と同じ北緯は、ヨーロッパにはなく、北アフリカになる。
 
イタリアのミラノ。ヨーロッパの中では、南に位置するので、南欧とも呼ばれるが、北海道と同じ北緯になります。

⇒このことから、日本がいかに恵まれた暖かい国だという事が分かる。

◇人口は、
 フランス + イギリス < 日本
 フランスとイギリスを足した数より少し多い。

 人口は国力なので、日本は、大国です。

◇自給率で見ると、日本は低く見えるのですが、農産物の生産量で比べると、世界5位。日本は、農業大国なんです。

◇ヨーロッパと比べたら、日本は自然豊かな国。
 
日本は、草花の大国だと言われています。

◇世界は、日本がうらやましくって仕方がない。

日本は、とよあしはら【豊葦原】、瑞穂の国。
これは自慢ではなく、本当の事。

◇日本は、陸だけでなく、海も豊かな国。

◎本当に恵まれた国が、日本。 (^o^)/

◇言語
 「ありがとう」と「Good morning」は、全然違う。

 「Good morning」は、あなたと私。 2人の関係での挨拶。

ヨーロッパは、私とあなたの関係。

日本は、みんなで共感している。私、あなただけではない。

「お互いさま」

みんなが同じように感じる。これが大切な社会。

個人と個人の関係が、ヨーロッパと日本は違う。

ヨーロッパでは、不信感。つまり、心は通じないと思っている。

これが西洋人が云う個人。

だから、自分が主張しなければ、譲ったら負け。だから自己主張する。

日本は、何かつながりがあると思っている。

「縁」という何か、目に見えないものがあるように思う。

なんとなく情が通う。
なんとなく心が通う。

アメリカ人のテレビタレントが、「アメリカでは、以心伝心なんて通じない」と言っていた。

◇日本語には「お陰さま」、「お互いさま」と云う言葉がある。(^o^)/

◇今の日本国憲法もこの「個人」が問題。大きくなりすぎている。
 (家族の事が書かれていない)

◇あるドイツ人が、
 「心の中が、寂しい」と云っている。自分の心を打ち明ける人がいない。寂しい。だから、カウンセラーの所へ行く。(孤立、孤独)

日本人は、家庭の中で、ブツブツ云う。それが、良いんだ。(^o^)/
(心理学者 河合隼雄)
本音を出して、発散しているから。

お互い、心が通じている。

「私が・・・」、「私が・・・」と言わなくてもいい。
ヨーロッパは、言葉自体が「対立」を生む。

カウンセラーの所に行く人は、教会の人が多いとか。

日本語には、

「俺」、「私」、「吾輩」・・・色々あります。

これは、相手の事を考えて選んでいるからです。

「私は」、状況や相手によって変わる。だから、常に、場を柔らかくできる。

さらに、日本語を使っていると、「私は」とも言わなくても良いでしょ。(^o^)/

 中国語も韓国語も主語がいるでしょ。中国なんかスゴイ主張するでしょ。(笑)

◆日本人が、外国語が下手なのは、日本語が素晴らしいからだ。
  パチパチ (^O^)/ (拍手)

「八月一日日曜日」
これどう読みます?

一日=つい「たち」、「にち」、「び」
同じ「日」をこのように読むことができる日本人は、語学の天才ですよ。(^o^)/

日本語は、物凄く難しいんですよ。

1つの漢字に、色んな読み方があるのは、日本語だけ。

「生物」=(せいぶつ、いきもの、なまもの ・・・)

◇日本語の漢字の使い方は、テレビ型。

 世界には6,000語の言語が存在するが、ラジオ型。つまり、耳から聞いてわかる言語。

日本語の場合、
例えば、「貴社の記者、汽車で帰社した」のように、同音異義語が多いから、

漢字を頭に浮かべて意味を考える。(=テレビ型)
ここから言語の豊富さが出てくる。

◇Pithecanthropus(ギリシャ語から来ている)欧米で、この単語を知っている人は少ない。

(Pithec 猿) (anthropus 人)

日本語は、漢字のお陰で、小学生でも意味が分かる。

猿(さる)monkey
(エン)Pithec
欧米では、(さる)monkeyは、分かる人が多いが、 (エン)Pithec が分かる人は、少ない。

「OCULIST」この意味は?

「OCU = 眼」ラテン語から来ています。

日本語では、「眼」医者で、小学生でも理解できる。

ヨーロッパでは、言葉を知っているか、知っていないかで、差がつく。
日本は、みんなが同じように読める。

我々は、文化の程度の高い国にいる。
詩、和歌を身分に関係なくみんな出来る。

◇日本は、世界で1番戦争がなかった国。
 1400年間の内、外国へ行って戦争したのは5年間だけ。
  
ヨーロッパでは、考えられないくらい少ない。

◇江戸時代の260年間は、戦争がなかった。

260年も戦争が無い国は他に無い。しかも自給自足ができている。

◇江戸時代、日本に来たドイツ人、ケッペル氏。

「日本は、12分に発達している国」と云った。
(産業革命以前のヨーロッパは何もなかった)

日本に来ると、街道沿いに、必需品が溢れている。

◇ペリーが来た時。「太平の眠りから覚まされた」。

「太平の眠り」 = 皆が平和でのんびり暮らしていた。

小林一茶は、「春風や 牛に引かれて善光寺」と詠んでいる。

◇日本は、西洋と比べて劣っていない。

◇西洋は、男性中心の国。日本の男性が、奥さんから小遣いをもらっている事を知ってびっくりしていた。

◇「アダムとイヴ」
女性は男性のあばら骨から生まれた。これがヨーロッパの女性観。アダムをさそったイヴは悪い奴。(元を正せば神がイヴを作った事からすべて悪い方向へ)

◇日本は、宗教的にも寛容。
神社も寺も行く。宗教的な争いが無い。

昔、ヨーロッパでは、キリスト教徒でなければ、人間扱いしなかった。また。宗派同士の争いもあった。

日本は、宗教同士の争いが無いでしょう。

信長か比叡山を攻めたが、あれは、信長、個人であって、宗教が攻めたのではない。

日本は、神様、仏さま、お日様、みんな「お陰さま」なんです。

ヨーロッパでは、そう考えていない。神様は、1つ。だから、あれは偽物の神様となる。世界の紛争のたいていは宗教と関係があります。

◎今、「日本の心」が世界で求められている。 (^o^)/

◇ヨーロッパは、古いものを捨ててきた。中国人も同じことを言っている。

日本は、古代と現代を併せ持っている。

だから、お互い、古いものを大事にしてもらいたい。

日本の事を大事にすることが、グローバル化。 (^o^)/

日本という国をもう一度、お互いに自信をもってほしい。

(^o^)/(^o^)/(^o^)/

posted by rinko at 00:59| Comment(0) | 日本語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]