2018年06月27日

オリンピックと日本人のこころ


24日に、鈴木くにこ様から新刊御著書を御恵贈戴きました。


『オリンピックと日本人の心』内外出版社。新書版。2018623日(オリンピック・デー)


この御本は、全体が「真に日本人的な、細やかな愛情を纏って」出来上がっています。


何故なら鈴木様は純粋に日本人としての誇りを持ち、活躍の場を、豊富な語学力を発揮されて日本の精神そのものを通訳されてもいるからです。


特にフランス語はフランス人並みです。


表紙カバーから扉、目次、本文に読み進めて、どの一文字、一句にも日本人的配慮が行き届いています。


そうして鈴木様を取り巻く友情の証しでもある、交流の深い一流の方々との信頼に溢れた作りになっている処が素晴らしいのです。


これら方々の支えなくしては、いつも、日本人として、広く世界を相手に互角にものを申していることは出来ないでしょう。


鈴木様は、何故このように、日本の文化に造詣が深く、文章に優しさがあり、格調が高いのか。


それは鈴木様の生き方の一部、日々の歩みを知れば簡単に繙く事が出来ます。


幼稚園から高校まで学習院で學び、渡仏。

慶応大学法学部政治学科首席卒業。

まだまだ学歴は重ねるのですが、素直で鋭い探究心が錆び付く事なく磨かれ続けていらっしゃるからです。


現在は「外交・安全保障研究家」として独立なさっています。


鈴木様は、御時間の許す限り、土曜日開講の「倫子塾」吉祥寺本部教室に通われて、丹田腹式呼吸法、気功、古武術を熱心に稽古なさっていらっしゃいます。


世界情勢を違わず分析、日本の為にお働き下さっていることに対して、感謝しかありません。


どうぞ御自重下さいまして、日本を広く世界に知らしめる御働きを続けて下さいませ。


追伸:アマゾンの読者レビューを載せました。


   この文章の簡略版です。宜しければお読みくださいませ。



posted by rinko at 08:47| Comment(0) | 論文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]