2021年12月19日

著書の御案内


3年前ですが、

『梵字に親しむ』(安田梵字教室)1018年8月発行  amazon オンデマンド(ペーパーバック)で発売しました。

発売に携わってくださった方から、今でも出ている(売れている)とのご連絡を戴き、有り難いことだとおもいまして、此処に関連記事をアップいたします。


「梵字とはなにか」という問いを抱いた方に、わかりやすく説いています。
また、幾つかの書評のひとつをご本人の許可を得てご紹介します。
ありがとうございます。

織田多宇人
5つ星のうち5.0 梵字に興味がある人、梵字を書いてみたい人にお薦めする分かり易い本
2019年10月2日に日本でレビュー済み
梵字を見たことがある人もいるだろう。お墓に立っている卒塔婆に書かれている変わった文字がそうである。古代インドにて仏教で梵語(サンスクリット語)が使われるようになって、中国経由で梵語を著す文字として日本に入ってきたのが「梵字」。
十数年梵字教室を開いて、梵字を筆で書くことも指導してきた著者が著したこの本は、学者先生が書いた本と違い、素人にも非常に分かり易く書かれている。評者は知らなかったが、最近ではお守りやアクセサリーとして身に付けて、楽しむ人が増えているとのこと。この本は梵字に興味がある人、梵字を書いてみたい人にお薦めする。

梵字表紙写真.jpg梵字に親しむ8月29日写真.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本の内容は、以下の通りです。
本書は「梵字を学んで書いてみよう」という方のための入門書です。 まず、梵字の五十音図から自分の名前を梵字で書いてみることから始めて、インドで生まれた梵字の歴史や日本に伝えられたいきさつ、佛教とのつながりを学び、干支や回忌の「守護梵字」や寺社でみかける梵字の意味を知って、梵字を書くときの心得手順に進みます。
【目次内容】
はじめに
第一章 日本人のための梵字入門
    名前を梵字で書いてみよう/自分の名前を梵字で書くと/三尊帳の佛さまを書いてみよう/五佛 金剛界と胎蔵界の佛さま/よくみられる五輪塔/卒塔婆の梵字/板碑の梵字/御朱印にみられる梵字/梵鐘の梵字/梵字で書かれる曼荼羅の世界/唐招提寺の団扇撒き
第二章 知っておきたい梵単語小字典
第三章 私たちを守って下さる梵字
   守護梵字とは/ 干支による守護梵字/ 毎日唱える年忌十三佛の御真言/六観音の種子と御真言/ 光明真言の世界
第四章 安田梵字教室へようこそ
    あらためて梵字と密教について/梵字の略歴/梵字を書くということ/梵字に親しむ/
 真言暗唱による脳の活性化/梵字を書くときの心得と手順
資料編
参考資料
梵字字形索引


コメント1件

いいね!



コメントする


シェア


posted by rinko at 14:38| Comment(0) | 梵字を書く
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]