2020年10月19日

金木犀の思い出


10月7日 17:11
プライバシー設定: あなたの友
金木犀の思い出
多摩川の辺(ほとり)。
ゴルフの打ち放しの垣根が48本の金木犀。
今、周辺は香りに満ちています。
健康に溢れた従姉がお嫁に行く時に、愛媛県の弓削島は金木犀の香りに満ちていました。
30年も前の事ですが、その従姉が幼い4人の子供達を残して乳癌で亡くなりました。
丁度その頃、わたくしの病気が発覚。
両親も親戚も、驚きと哀しみに包まれ、亡き従姉が使っていた薬も養生法も全て従兄から貰えました。
中でも、わたくしに効いたと思われるのは、「スギナ」でした。
弓削島と琵琶湖の辺からと、二人の叔母が毎年綺麗なスギナを干して送ってくれました。
わたくしの回復を何れ程の方々が喜んでくださったでしょうか。
今は、わたくしの庭や多摩川の土手から摘んだスギナを時々使っています。
スギナは、ちゃんと干せば、味も香りもあまりありませんので、御茶にして飲めるのです。
わたくしの経験だけでお話ししているので、スギナの成分を検証したわけではありませんので、念のため。




あなた、田中 次郎、坂元 育子、他103人
コメント10件
いいね!
コメント

シェア

続きを読む
posted by rinko at 11:18| Comment(0) | 日記

2017年08月18日

お知らせ

お知らせ
8月9日から、パソコンの不具合、何か不都合なサイトから、アクセスが多くなりパソコンのメールがセキュリテイをかけているためにストップしています。

再開のメドがつき次第お知らせいたします。

パソコンでメールをくださる方は、しばらくの間、私まで届いていないと思ってください。
お急ぎの御用の方は、お電話をください。

また携帯も、迷惑メールやその他が増えて、今のところ個人用の携帯番号はあと少しで消去しようと思っていますので、今まで個人用の電話に御連絡をくださった方々は直接わたくしに連絡をくださいませ。
posted by rinko at 08:14| Comment(0) | 日記

2012年09月18日

私の健康のこと

プロフイール17日.jpg

私の健康のこと

15歳(高校1年)から剣道の稽古を始めました。それから20数年、何があっても毎日2時間は剣道をはじめ、各種武道の稽古に取り組み汗を流しました。息も絶え絶え、という状況になるのは当然と思っていました。
大学入学で上京してからも毎日、警察署、機動隊、日本武道館(武道学園に入学しました)、渋谷にあった錬武館道場、稽古ができるところへは何処でもでかけ、お世話になりました。
大学院進学の為に、夜の一部は日中学院、アテネフランセにも通いそれぞれ2年で卒業しました。

剣道のほかに、神道夢想流杖道、夢想神伝流居合道、太極拳、を稽古する傍ら、希望通り大学院にも進み、奨学金とアルバイト(高校講師・国語、書道、写植のオペレーター、写真撮影、版下作り)でなんとか生活できました。有り難いことに、日本武道館では女子の指導のためにと高名な先生方に混じって「助手」という仕事も戴きました。
小さい頃から体が弱かったのですが、時々疲れてダウンすることがあっても自分を励まし、頑張ればできました。

お陰で体が自分の思うように動き、「心身一如」の状態とはこのようなものか、というのを体感して各種の大会でも優勝したり、よい成績を収めたりと、得意の絶頂になっていました。

ところが、40歳で乳癌と限局性皮膚硬化症(背中・膠原病のひとつ)で平成元年のお正月はベッドの上でした。(正確には7日で平成となりましたが)
身体を酷使して来て、もう持たない、と体が悲鳴をあげたようです。

その時に、心底体の健康について考える時間がありました。
「今まではいつ死んでもいい、思う存分武道の世界で活躍しよう」と思っていたのですが、初めて「身体を労わる」という方向へ考えが行きました。
ベッドの上は時間があります。古典から今あるものまで、健康法の本を山ほどよみました。

食事療法(マクロビオテック、エドガー・ケイシー療法)へも目が行きました。
野口整体、井本整体、と学び、学校へ通い整体師にもなりました。鍼灸、光線療法(黒田光線)、色々試みてみて、それらが全て私には合っていました。
中でも一番毎日出来て、ぐんぐん健康になっていったのが「呼吸法」でした。それで皆さんに自分でやった呼吸法をお伝えする、ということを始めて今日に至っています。

前後5回の手術をしていて、1回メスが入ると7年は寿命が縮む、とか言われていますので5×7=35年は寿命が縮んだわけです(笑)
まあ、100年の寿命として(長い?)35年を引くと65年なわけで、今日までよく生かして戴いたと、本日2012年9月17日(月)敬老の日に、改めてひとりで感無量になっていました。

もうこれで有り難くも天寿を全う出来たのですからこれ以上の贅沢は言えません。
毎日がおまけですから、毎日目覚めることが奇跡です。
神仏を身近に感じながら、自然に寄り添って、呼吸法を続けて、ひっそりと日々を送りたいと思います。




posted by rinko at 07:50| Comment(0) | 日記

2011年11月30日

忘れてはいけない震災の映像

忘れてはいけない震災の映像

【忘れてはいけない日】

『日本では放送できない 報道できない 震災の裏側 2』

人として、日本人として忘れてはいけない。

この映像をぬくぬくと暖房のきいた、炬燵に入って自分だけは安全な立場で見ることに何か感じるのが人としての自然な気持ちだろう。

なぜ、この映像を外国のメデイアが報道して日本のメデイアが報道しないのか。

日本のメデイアは日本人の味方ではないのか。

http://youtu.be/MVKWtxXtZ3E



【その震災、わずか3ヵ月もたたずに流した企業のCM】

『ソフトバンクCM SMAPパーティー篇』http://youtu.be/42RO-3sZr-A

仲間や身内がひどい目にあったり、亡くなれば最低一年は喪に服するのが思いやり、礼儀ではないのか。
これほど腹立たしいCMは見たことがない。


posted by rinko at 22:01| Comment(0) | 日記