2016年11月20日

ナースを意味する和語


親しくしていただいている医療ジャーナリストでもある原山建郎先生から11月19日メールを戴きました。
その中から「和語に関する話題」を、わたくしの感想を含めてメモしておきます。

大事な日本語(和語)ですね。
介護の現場こそ、患者、医療従事者互いの信頼関係が重視される。
信頼しあうには、心が通じる、ということが先ず大切である。
心が通じ合うには言葉が通じ合うこと。
言葉は発する人、受け止める人、互いの心を結んでくれるものだからだ。
特に病気の時など、緊急時は生まれ育ったところの言語でなくてはもどかしい思いをする。
医療現場に外国語は馴染まない。


二〇〇四年の日本生命倫理学 会講演で、野の花診療所鏡長・ 徳永進さんが、近代医療の中で 私たちが忘れているものが、
ナー スを意味する十四の和語( つつ しむ、いつくしむ、さする、ささやく、すくふ 、はぐ くを、たっ とぶ、わらふ 、 とまどふ、あやまる、ゆるしあ う、いのる、ほろびる、ゆいま ―る― ―琉球語で助け合う)に隠 されていると語った。

以上『 野の花ホスピスだ より』( 徳永進著、新潮文庫、 二〇〇九年)。 

欧米一辺倒の近代化は、日本 では未成熟に終る予感がする。
日本には日本の昔人の知恵が、 倫理という点においても残され ているのではないかと思う。
英 語で語れないものが和語には隠 されている、とちょっと力を込 めて語った。( 中略)
和語って何だろう。「 よしよし」 かな、「 まもる」かな、「 そば」 かな、いや「 かばう」 、いや違 う。何だろう。 】 ( 同書一七一 〜一

村松さんの、素敵なひと言。
「 察して行動、つないで紡ぐ。 紡ぐには、察する勘が必要。相 手の心に向き合う″ 目と 手″が不可欠。」

以上『メッセンジャーナース』村松静子監修・看護の科学社刊・2016年


*村松さんは、以前は看護婦(看護師)は医師の助手。医師の許可がなければ医療行為は何もできなかった立場から、独立して患者の側に立ち、アドバイスできるようにナースだけで活動のできる場を初めて持った方。

posted by rinko at 07:11| Comment(0) | 健康

2015年08月02日

友人が玉ねぎの皮で血圧安定をめざして、養生なさいました。その経緯と結果です。


フェイスブック友達の、錦織 伸行さんがわたくしのアドバイスがきっかけで、血圧調整養生をなさいました。そのいきさつです。

「人体実験…(^_^;)」〜タマネギの皮茶ダヨ〜
 おはようございます。「漢方女性クリニックmio」の事務長として…いやいや、ただの不健康なオッサンが身を挺して行った「民間療法の一年余の人体実験」に対する、我がクリニックの院長による医学的分析です。
 確かに、血圧、肝機能、コレステロース等の数値は、愕然とするほどの変化(良い方に)が見られました。血圧は、薬なしで(上)170⇒140〜120、(下)130⇒110〜90くらいです。当然、体重も減です。
 生活習慣の現実的な改善や酒(二次会自粛)や食事を減らす(3〜4食⇒1〜2食)等の「総合的な良い子」をしていたせいもあるでしょうが、一応「事実」としてアップ致します。(タマネギの皮茶は、FBFの安田倫子さんにご教授頂きました。)
 もちろん症例は一例だけですので、個人差はご承知おきください。また何よりも、この間、「二次会お断りの不義理」をしたお友達の皆さん、ゴメンナサイねm(__)m...

****************


漢方松江女性クリニック・mio

事務長の健康法・・・八百屋ならではのタマネギの皮のお茶の話。
事務長がタマネギの皮のお茶で体調がよいらしいです。あと食事の取り方とかも変わったそうだけど・・・・。でその人体実験(笑)にかんする一考察。
あくまで1例報告なんで他の人にどうかはしりませんがご参考に。
1)タマネギの皮。
タマネギの皮に関してはケルセチンの効果で高血圧の抑制・花粉症などによいと言われています。
ケセルチンはフラボノイドの一種で最近ではAMPKという酵素をactivationします。
さてこのAMPKは平たく言うと
活性が低い=がん細胞が増殖、メタボ、活力がなくなる。
活性が高い=代謝がいい、がん細胞の増殖を抑える、ATPというカラダを動かすエネルギーが増える
ものです。
少し難しく言うと
天然に存在する化合物の効果として「AMPKの活性化を介して疾患を予防し、治療することができる」ということが多くの研究者の注目を集めておりこのような化合物、天然の供給源に見られるフラボノイドの中でもAMPK活性化剤として期待されてるものに「ケルセチン(たまねぎ)、ゲニステイン(大豆)、エピガロカテキン(緑茶)、レスベラトロール(ブドウの皮)」などがあげられます。
これらがAMPK経路に影響を与え、それを通して糖尿病、肥満、代謝に関与する分子メカニズムが近年invivoとinvitroの研究で明らかされつつあります
2)時間栄養学
食事の時間帯で吸収の仕方がかわるというはなし。以前、「さんいんきらり」に書いたことがあります。
ホルモンの変化や、内蔵の機能には一日の時間で変化していることなんですが、今回の事務長の話のなかでは
「だらだら食い」をやめるとよかったという話でした。
「空腹」を感じる効果はなんでしょう。
たとえばですが
空腹になりインスリンの分泌が減る→「CRTC」というタンパク質が活性化して記憶力が向上する(慶応大学 坪田教授)
空腹になると胃粘膜で『グレリン』という成分が合成→グレリンによって成長ホルモンの分泌が高まる→筋肉や皮膚など、組織の修復、増殖を促す。脂肪の燃焼を促す(国立循環器病研究センター研究所)
事務長の「タマネギの皮効果」の理由はこのあたりでしょうか


玉ねぎの皮.jpg







posted by rinko at 21:25| Comment(0) | 健康

2014年10月05日

歩くことがなぜいいのか。


歩くことがなぜいいのか。


それはふくらはぎの「ミキシングウオーク」になるからです。
ふくらはぎは足に溜まった血液を心臓にもどしてくれる働きをしています。
歩く時間もない!という方はふくらはぎのマッサージをお勧めします。
わたくしの教室でも「ふくらはぎのマッサージ」をやっています。
自分でできるので、とても気持ちがいいし、疲れも取れますので、人にやってもらおうと思わないで、まずご自分でおやりになってみてください。
やり方
@仰向けに寝る
A膝を立てる
B片方のふくらはぎを片方の膝頭に載せる
C足首からひざ裏までゴシゴシこずる
D真ん中、内側、外側、の3か所に分けて丁寧に。
以上です。
E座って膝を立てて両手で揉むのもお勧めです。
いつでも思いついたら、出来るところからどうぞ。


以下に書かれていること「ふくらはぎは第二の心臓である」はどの健康法の本にも紹介されていますね。

時間はかかりませんので、早速実行してみませんか?


肩こり、腰痛、高血圧、冷え性、便秘……。
何かしらの持病を抱えていらっしゃる方は
多いのではないでしょうか。
長時間のデスクワークや便利で快適な生活から
体を動かさなくなり、血流が悪くなっていることが
原因といわれています。
「血液が体内を循環するには、
 心臓から押し出す力だけではなく、
 足先からの血液を心臓へ押し戻す力も必要であり、
 その役割を果たしているのがふくらはぎ。
 ふくらはぎは第二の心臓である」

posted by rinko at 07:45| Comment(0) | 健康

2014年06月07日

足揉み効果

わたくしは「整体師」の資格の他に「足つぼ療法士」の資格を持っていて、足つぼの療術もしていることは教室の中でも申し上げているので皆さんご存知ですよね。
「ツボ」というのは一点を指すので本当は効力の及ぶ範囲を考えると「反射区」だというので、最近は「足つぼ」と言わずに「足の反射区」といういい方も多くなりました。

わたくしは体のあちこちがすぐ弱って、抵抗力もないし、かといって薬のアレルギーがいっぱいあり、なるべく薬を飲まないようにしていて、自分で改善できないかな、と学んだのが整体の他に手足のツボの手入れ、体中の自力での整体などでした。

足は足裏だけでなく、足の甲特に趾骨間のマッサージも大切です。

とにかく自分で手の届くところは自分で触りましょう。

全身の乾布摩擦もいたしましょう。


足揉み効果(フェイスブックからのコピペ)



半年ほど前、足もみを長年実践しているお友達に、この本を借りて感動して、それからそうだ、うちにも足もみ棒があったぞ、と思いたち、(画像真ん中のちっちゃいやつ) 毎晩寝る前に30分ほど揉み始めるようになった。 
要は、足裏は各臓器と密接に繋がっているから、その臓器の部分を揉むと、その部分の毒が排出されて改善されるらしい。 何しろ、筆者はそれで自身のガンさえも治したというのだ!

そうこうしているうちに、子宮がん検診で、私の子宮口にそれほどまだひどくはないが、ガン化する可能性のある異常細胞が3つもあるということが分かった。 そしてそのうち2つは程度が悪いので、即切除するか、3か月後に再検査してまだ異常であれば切除するか、どうする?と聞かれ、・・じゃあ3か月待ってください! と、とりあえず保留にしてきた。
私の脳裏には、(足もみ頑張れば治るかも?!)という密かな期待ががあったからだ。 これは滅多に出来ない面白そうな人体実験だしw

それから3か月間は、時々はサボったけど、足裏、特に子宮部分(足裏のかかとの部分)を揉みまくった(笑) それと、食事も糖質をやめたことも効果があったと思う。
そして3か月後―。 再検査したら、異常細胞が見事に「すべて」消えていた。その時のうれしかったことといったら!

ちなみに、私がされる予定だったLEEPという手術法(子宮頸部円錐切除術)は、後から聞いて怖くなったのだが、あとあといろいろな後遺症が出てくるらしい。  例えば、生理がおかしくなるとか、早産(関係ないけど)、性欲がなくなるとか(これも元々あまりないから関係ない 笑)、最悪手術によるガン化!(これが一番怖い、本末転倒><;)など。。 
やっぱり、不自然なことはやらないに越したことはないね・・(-_-)

その他、2年前から悩まされていた「逆流性食道炎」もなぜか治り、その薬も服用しなくてよくなったし、足もみのおかげか糖質制限のせいかーーはたまた両方が功を奏したのか? 真に健康を手に入れられたようで、本当にうれしい。

足揉みーーいいですよ!(笑) 
ピンクの「ウォークマット」と「青棒」は4月に日本に行ったときに買ってきたのですが、 私は、そのウォークマットを時々踏んだり(激痛です)、寝る前に青棒でふくらはぎから足裏にかけて揉みます。 時間のある時は丁寧に小さな棒で足裏の各部分をやったり。 

ちなみに、人間の健康は、『血』、『リンパ』、『気』、この3つの流れをスムーズにすることがキーです。 
その中でも、ふくらはぎは『第二の心臓』と言われています。 心臓は、それより上にある脳ぐらいの高さぐらいはポンプの力で頑張って血を送りますが、心臓より下にある臓器へは、重力を利用して血をダダ流しにしているにすぎません。

体の末端まで送られた血液は、老廃物を受け取ってそれをまたきれいにするために心臓まで戻らなくてはいけないのですが、戻ってくるときは心臓のポンプ作用は働かず、自身の筋力、で戻すしかありません。
 そこで人間には、下半身の心臓から一番遠いところに”ふくらはぎ”という大きな筋肉をつくって、ふくらはぎの筋肉を収縮させることで、ポンプ作用を行なって、心臓より下方にある血液を心臓にもどすようになったというわけです。 

ジョギングをすると体中の血流が良くなるのは、ふくらはぎの筋肉が刺激されるからです。
そこで、ふくらはぎをマッサージして、ふくらはぎの筋肉がしなやかになると心臓にもどる血液の流れがよくなります。 すると心臓の負担も楽になり、血液は無理なく全身に送られるようになります。

それほど大事なふくらはぎー(笑)
私はそれプラス、足裏と足の甲、膝上までの前側も揉んで、その後ーーここがまた大事ですが、白湯をコップ一杯ぐらい飲んでから(本当は出来れば500t)寝ます。 揉んだ後に老廃物が出るので、それオシッコで輩出できるようにするためです。それを飲まないと、折角出た老廃物もまた血流に戻って、意味がなくなってしまいます。
ちなみに、夜寝ている間は、汗をかくことで血が濃くなって固まりやすくなるので、マッサージをしてもなくても水は飲んで寝た方がいいです。明け方に脳卒中で亡くなる方が多いのはそういうわけです。 

そして、朝起き抜けにも白湯を一杯ー。 これで空っぽの胃から腸にかけて、食べ物を入れる前にきれいに掃除してくれます。 もう一つ細かいことを言えば、私は、お腹をびっくりさせないために人肌程度の湯温にしています。
(フェイスブックからのコピペです)



posted by rinko at 02:04| Comment(0) | 健康