2014年08月06日

魅力的な人間になること


私たちは、神様と、ある約束をしているんです。
「正当な努力をして、魅力的な人間になって神様のもとへ帰る」という約束です。(本文より)


魅力的な人間になること】人のこころに灯をともす1805より以下コピペ
斎藤一人さんの心に響く言葉
この世の中は「道理」でできています。
道理を無視して、成功なんて、しようがありません。
道理と強運は違うものじゃないんです。
ビルの上から飛び降りたら、世界中の誰もが下に落ちます。
ところが飛行機だけは、飛ぶようにできている。
飛ぶように作っているんだから、当たり前ですね。
その当たり前のことなんです。
この世の中は道理でできているんです。
私たちは、神様と、ある約束をしているんです。
「正当な努力をして、魅力的な人間になって神様のもとへ帰る」という約束です。
このことを守っていたら、神は絶対、味方をしてくれます。
ところが、正当な努力もしない。
一発、大当たりを狙うようなことを考える。
それって、神を敵にまわしているんですよ。
「強運がほしんです。競馬、当たらないかな。パチンコ、当たらないですか?」
って、楽しんでやるぶんにはいいけど、本気になってギャンブルで金持ちになろうなんて、ふざけたこと言ってるんじゃないよ(笑)。
本当に顔晴っている人は、成功したときに、
「みなさんのおかげです」とか、
「運がよかったんです」って言うものなんですよ。
そういう人の言葉だけを聞いて、「やっぱり人生、運なんだな」って、ふざけるなですよね(笑)。
人の生き方を、よく見てみろって。
成功した人が、普段、人にものを頼まれたとき、どんな返事をしているか見ていますか。
仕事を嫌々やっている人って、返事に出るんですよ。
「○○さん、これやって!」って言われたときに、嫌な顔する。
「はい!」と気持ちいい返事をしない。
そういう態度をとっていると、「この人に頼みづらいね」って思われるんですよ。
何か頼まれたときに、「はい!」って明るく返事をすると、喜ばれます。
いちいち嫌な顔する。
いちいち、嫌な返事をする。
それでいて、「強運に恵まれたいんです」って言っても、そんな人に取りつくのは貧乏神だけ(笑)。
そんな人には、福の神なんか、つくわけないんです。
『強運』PHP研究所


次に
「4つの鉄板ルール」という、中村文昭氏の言葉がある。
1.返事は0.2秒
2.頼まれ事は試され事(人から何か頼まれたら、試されていると思って相手の予測を上回わることをする)
3.できない理由は言わない
4.そのうちと言わず今できることをやる
人から何かを頼まれた時、0.2秒で「ハイ」と気持ちいい返事をして、嫌な顔をせず、それを相手の予測を上回るスピードで成し遂げたら、誰にも好かれる魅力的な人になれる。
「正当な努力をして、魅力的な人間になって神様のもとへ帰る」
魅力的な人間でありたい。


posted by rinko at 10:27| Comment(0) | つれづれ

2014年03月01日

五省(ごせい)



私は武道の修行(剣道・杖道・居合道・気功・太極拳など)を始めて50余年になります。

現代の世にあって正々堂々大和魂を誇りにし、日々徳を積み人々の役に立ちたいと願って努力しています。


その中でも、ずっと「五省」は生き方の指針であり反省であり努めであり励みとしてきました。


個人事業主として「倫子塾」「ヒーリングオフイス・てら」をやっているのもそのためです。

開業あしかけ25年になり感無量です。


現代の修行者・武士である夫と共に、互いの思いを一(いつ)にし、この40年程は五省を実践してきた日々の実感が私の宝物です。

私たちは、社会的な生き方は下手かもしれないけれども、至誠を貫いてきた自負があるのでいつも正々堂々としていられます。

私の道場、教室を訪れて戴ければ、どなたにもそれがよくわかっていただけるものと勝手に解釈してもいます。




五省(ごせい)とは、旧大日本帝国海軍の士官学校である海軍兵学校(現在は海上自衛隊幹部候補生学校)において用いられた五つの訓戒。


内容
一、至誠(しせいに)悖(もと)る勿(なかり)しか・・・・・真心に反する点はなかったか

一、言行(げんこう)に恥(はづ)る勿(なかり)しか・・・・・言行不一致な点はなかったか

一、気力(きりょく)に缺(かく)る勿(なかり)しか・・・・精神力は十分であったか

一、努力(どりょく)に憾(うら)み勿(なかり)しか・・・・・十分に努力したか

一、不精(ぶしょう)に亘(わた)る勿(なかり)しか・・・・最後まで十分に取り組んだか


考案者は、当時、兵学校校長であった松下元少将。

今日では帝国海軍の精神を象徴する標語であるかのように語られることがあるが、五省が兵学校校舎に掲げられるようになったのは1932年(昭和7年)からであり、その採用期間は海軍70余年の中でも末期の10数年間に過ぎない。

しかし、一方で、大東亜戦争後に日本を占領したアメリカ海軍の幹部が五省の精神に感銘を受け、英訳文をアナポリス海軍兵学校に掲示したり、

日本国内でも、海上自衛隊が日々の行動を自省する標語として用いたりしている。

現在、海軍兵学校の後継にあたる海上自衛隊幹部候補生学校及び海上自衛隊第1術科学校では、五省が旧海軍の伝統として継承されている。




posted by rinko at 08:34| Comment(0) | つれづれ

2014年01月05日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。


旧年中は沢山のご交誼を戴きまして誠に有難うございます。

常に誠心誠意をもって学びと健康に対応させていただいておりますことを皆様がご理解くださいまして、善意とご厚意で応えてくださっている清々しいお気持ちが教室にもよく伝わって参ります。

心から御礼申し上げます。


本年も何卒宜しくお願いします。


   皇紀2674年 平成甲午年  西暦2014年 元旦

                  ヒーリングオフイス・てら&「倫子塾」代表  安田倫子



posted by rinko at 14:54| Comment(0) | つれづれ

2013年10月10日

祈るような気持ちで



今年の3月に定年退職(といっても非常勤講師ですが、年齢制限だけは専任と同じ)してからというもの、この43年間、中学高校を渡り歩いて、定時制も週に5日勤め、朝から晩まで出かけてばかりいました。
が、それが無くなって、どうにも時間が空き過ぎです。



だって、夜の授業がないのですよ。夜が。
夜が長い〜〜〜。



そうして、学校の授業という鉄の鉄則。ベルひとつで欠席も遅刻も予定変更も許されない生活が43年も続くと、「ベルが鳴らないよ〜」という時間が珍しくて珍しくて、遊んじゃいます。



というわけで、今日も夜は少しだけ飲んでしまいました。



かつて家が1軒建つほど飲んだのだなあ、とか、くだらないことを考えますが、とりあえず、取り留めもないこのようなものを書く時間ができたということで、めでたし、めでたし、です。

注:今からでも、毎日の朝晩の好きな時間=瞑想45〜50分は至福の時ですよ。それも私なりの習慣です。

今夜はぼーっとしています。
それがいいなあ〜。

片づけも、予定も、明日に任せます。明日に。





posted by rinko at 22:55| Comment(0) | つれづれ