2017年01月16日

荻窪梵字作品展は今開催中です。

2017梵字作品展案内.JPG

よみうりカルチャー荻窪にて
「梵字を書く」講座の作品展が24日まで開催されています。

梵字は弘法大師様が日本に伝えてくださり、以前は密教の門外不出の阿闍梨様しか教えられない神聖な文字でした。

僧侶の修行をしたこともないわたくしが、学問の一環として梵字を研究するようになって40年ほどになります。
教科書も資料も独自に当たり、弘法大師様の伝えたかった御心を探るうちに、書道の教師でもある立場として、御教えを一般の皆様にお伝えできないものかと、研究して参りました。
お陰様でよみうりカルチャー荻窪で講座を持たせていただいて9年目になります。
2年前からよみうりカルチャー大宮教室、錦糸町教室と学んでくださる方々が賛同して集まってくださっています。
生徒さんたちの一心に学んできた成果を今年もご披露しています。
是非ご鑑賞下さいませ。

不動明王2016.JPG2017梵字展@.JPG2017梵字展B.JPG
posted by rinko at 12:33| Comment(0) | 梵字を書く

2011年09月13日

9月12日の梵字講座教室風景

梵字9月12日の3.jpg


毎月1回第二月曜日午前中、読売カルチャーセンター荻窪にて、「梵字講座」を担当している。

カルチャー講座の中でも、「梵字」を専門に学習しているのは私のこの講座だけだということ。

生徒さんの話によると、最近では梵字が書けなくなったお坊さんが多く、蘇東坡もお位牌も印刷なのだそうだ。印刷技術が進歩して蘇東坡の木を印刷機にかけられ、コンピューターで文字を選択し、ボタンを押すだけで出来上がり、というわけだ。

お坊さんにはやはり、梵字は勉強してもらいたい。(失礼ながら、実際のお墓に参った時にはちょっと・・・・・と思われるものが・・・・・・)

さて、勉強のアプローチの仕方は「梵字の何を勉強したいのか」ということで大きく変わってくる。

私の講座では、

@パーリー語の歴史

A伝承経路、過程、時代の変遷、字形の変遷

B形の表現する意味、異体字

C形の美

D用具の工夫(筆、刷毛、マーカーペン、筆ペン、その他)

E篆刻作品を作る(消しゴム、篆刻用石、など)

F作品としての美(色紙、短冊、葉書、カードなど)その他

G梵字の効用(実際に様々な活用法があります)

これらを順を追って、また繰り返して、少しずつプリントにしたり、実際にお手本を作ったり、書いたりしながら、おひとりおひとりが納得していただけるまで解説している。

生徒さんも熱心で自分からいろいろ工夫されて、本当のいいものが出来つつある。

また、旅行先で寺院で見つけた梵字を写真に撮ってきて見せてくれたり、梵字ステッカーのお土産を皆さんに披露してくれたり、どこに出かけても、「あ、梵字だ!」と注目するようになったとのこと。
展覧会に出かけて、「梵字手帳」を買い求めて今日習ったところを皆さんにコピーしてくださったり、生徒さんはとっても積極的に楽しまれている。

嬉しい限りだ。

講座は、途中からでもいつからでも始められるので「やってみたい!」と興味の湧いた方は是非ご参加くださいな。

梵字9月12日「い」.jpg 不動明王2.jpg


posted by rinko at 09:52| Comment(0) | 梵字を書く

2011年04月10日

梵字講座開催のお知らせ


4月11日(月曜日)1030〜12:00

JR荻窪駅ビルルミネ6階、読売カルチャーにて「梵字を書く」講座が4月期スタートします。

お蔭様でこの4月で「梵字を書く」講座も2年目を迎えました。

梵字の歴史、意味、活用、学び方、それぞれ楽しく語りながら、書いています。

用具は毛筆(大、小)の他、刷毛、マーカー、ペンなど様々なものを使用してそれぞれの用い方、書き方を学びます。

教科書は江戸時代からの「澄禅流」をはじめとして、講師の私独自の工夫を加え、特に文字の中のエネルギーを表現するところが生徒さんに好評です。

bonji01.jpg

文字にはその方のをはじめ、込められたエネルギーが入ります。

ですから大事なお守りにもなります。

自分の書いた作品がお守りになるなんて素敵ですね。


梵字は

「お墓の卒塔婆に書いている文字!」

「密教のマントラを表す文字!」

「干支を表している!」

などなど生徒さんはよく気付いて面白がっています。

ご興味のある方は是非覗きに来てみてくださいね。

posted by rinko at 00:43| Comment(0) | 梵字を書く