2015年05月01日

倫子塾で学ぶ「甦る美しい國語」 〜言の葉で紡ぐ和の集い〜 

RINKO-KOKUGO-VOL2.jpg

第二回講座 平成27年5月27日(水曜日)
午後7時から8時30分(90分)で開講致します。
場所:吉祥寺本部教室にて(吉祥寺駅西口出てすぐ)

去る4月22日水曜日の夜、「国語」講座第一回目を開催いたしました。
世界中の方々が学ぶのが「日本語」
日本人が学ぶのが「国語」
言葉を学ぶ楽しさは精神を育み育てていくことにあります。
毎月第4水曜日、心のオアシスに参加してみませんか?
内容はその都度テキストを差し上げますので家で復習することが可能です。

<読む・書く・話す・聴く・想像する>

言葉ハコミニュケーションのツール(道具)としてだけのものではありません。その国に生きる人の精神性の高さを学ぶものです。特に日本語は先人たちの高度な教養から発信、工夫された語彙の宝庫です。
世界中のあらゆるジャンルの書物を日本語で読み解くことが出来るのもこれらのお蔭です。
日本人の翻訳能力は世界一です。

古典から現代までの言葉に関する学びの時間です。

普段不自由なく話しているようでも、その精神の豊かさを再認識することによって、人生に改めて深い感動が湧き上がってくること間違いなしです。

国語をきちんと把握していれば、英語が苦手だからグローバルな活躍などできない、といった考え方が如何に貧しいものであるか理解できるでしょう。
国語の優れたところを学べば胸を張って世界に発信していくことが出来るでしょう。
posted by rinko at 18:49| Comment(0) | 日本語

2015年04月15日

倫子塾で学ぶ美しい日本語講座が始まります

写真 2櫻.jpg

いよいよ4月22日水曜日の夜から「国語」講座を始めることになりました。
世界中の方々が学ぶのが「日本語」
日本人が学ぶのが「国語」
言葉を学ぶ楽しさは精神を育み育てていくことにあります。
毎月第4水曜日、心のオアシスに参加してみませんか?
内容はその都度テキストを差し上げますので家で復習することが可能です。

<読む・書く・話す・聴く・想像する>

言葉ハコミニュケーションのツール(道具)としてだけのものではありません。その国に生きる人の精神性の高さを学ぶものです。特に日本語は先人たちの高度な教養から発信、工夫された語彙の宝庫です。
世界中のあらゆるジャンルの書物を日本語で読み解くことが出来るのもこれらのお蔭です。
日本人の翻訳能力は世界一です。

古典から現代までの言葉に関する学びの時間です。

普段不自由なく話しているようでも、その精神の豊かさを再認識することによって、人生に改めて深い感動が湧き上がってくること間違いなしです。

国語をきちんと把握していれば、英語が苦手だからグローバルな活躍などできない、といった考え方が如何に貧しいものであるか理解できるでしょう。
国語の優れたところを学べば胸を張って世界に発信していくことが出来るでしょう。




posted by rinko at 08:55| Comment(0) | 日本語

2014年09月25日

人を高める言葉


【人を高める言葉】「人の心に火をともす」1855よりコピペです。


医学博士、佐藤富雄氏の心に響く言葉


脳のコンピュータは、言葉の意味を読み取る機械です。

考えていることも、しゃべっていることも、全部、言葉の意味を読み取り、体を使って表現しようとします。

ここで覚えておかなければならないのは、このコンピュータには人称がなく、言葉の意味を全部、自分のこととして読み取ってしまうということです。


人称がないということは、意志も主語もないということです。

つまり、内容にかかわらず、言葉を使った人にすべてが反映されるようにできているのです。


ですから、どこかで見てきた、とてもつらい話をしていると、自分がつらい体験をしたわけでもないのに、脳のコンピュータは、それを読み取って、話している人を悲しくさせます。

他人の話でも、話をしている当事者の出来事として読み取ってしまうからです。

また、けんかをすると腹が立つのは、相手の言葉によってではなく、自分が発した言葉に腹を立てているということになります。

これがわかっていれば、争いごともそれほどおおごとにならずにすむに違いありません。


さて、このような脳のコンピュータの特徴を、もう少し具体的に考えてみましょう。

たとえば、女性が二人で話をしていたとします。

そこでAさんがBさんに、「Bさん、いつもきれいねえ」といったとしたら、この言葉に誰が反応するのでしょうか。

「きれいねえ」といわれたBさんに反応するように思われますが、実は違います。

Bさんのことをほめているにもかかわらず、その言葉にAさんが反応するのです。


つまり、言葉を発したAさんの脳が「きれい」という言葉を読み取り、体に表現するのです。

ということは、ほめられたBさんよりも、ほめたAさんのほうが、美しく、きれいになるということです。


このように考えると、言葉は使った人にご利益があるということがわかります。

これは、どのような場合にも、どのような内容にも当てはまります。

ですから、美しくなりたいと思うのなら、まわりにいる人をほめまくればよいのです。


逆に、人を傷つけるような言葉や、呪うような言葉を使えば、それもすべて自分にはね返ってきます。

日ごろからいい意味をもつ言葉を使うように心がけましょう。

自分がいい気持ちになれる言葉こそ、自分を高めてくれるのです。


こういうふうに、どんなことであっても、言葉に出したことは、すべてそれを発した人間に返ってくるのです。


わたくしの挿入です:数年前にも教室の生徒さんで「いやな相手からいやな言葉やエネルギーを時無しに自分に送ってきて迷惑している」と相談されたことがあります。
その時には「こっちへ送らないで」と強く思えばこちらへ寄ってこないのでそうしてください、とアドバイスしたのですが「そうしたらエネルギーが3倍になって還って来た」と報告がありました。
それは、明らかに自分で発した「いやな思い」が「発した本人」に還ってきただけのことでした。
(挿入部分終わり)



そう考えると、言葉というのは実に怖いものだということがわかります。


ここでもうひとつ大事な点は、ほめられたBさんにも、実は少しだけご利益があるということです。

それはどういうときかというと、ほめられたBさんが、その言葉を本気にしたときです。

ここが大事です。

本気にして信じると、Bさんにも三割ぐらいのご利益があるのです。

言葉のもつ重要性が、これで少しはおわかりいただけたでしょうか。


『運命は「口ぐせ」」で決まる』三笠書房





自分が大声で怒ってしまったようなときは、それが、どんどんとエスカレートしてしまうことが多い。

言わなくてもいいようなことまで言ってしまい、あとでひどく後悔する。

つまり、自分の発した言葉に自分が反応してしまい、冷静ではなくなり、もっと腹を立ててしまう状態。


自分の発した言葉は、相手に向かって言っているというよりも、むしろ自分に向けて発信している。

なぜなら、人間の脳は、人称や、主語や、否定語か肯定語かも認識しないから。


「病気にならない」と言えば、病気だけを認識する。

「お前はバカだ」と言えば、バカだけを認識する。


だから…

相手の成功をたたえれば、自分が成功する。

「素敵だね」と言えば、自分が素敵になる。


人を高めれば、自分も高めることになる。
posted by rinko at 07:58| Comment(0) | 日本語

2013年04月15日

歴史的仮名遣い、正漢字をパソコンで簡単に入力できるソフト

お知らせ(入力訂正版)

私の活動のひとつ

美しい国語を正しく後輩たちに伝えていくこと。

教育の中で、日本の精神の発露である、国語の大切さ、使えることの有り難さを説いていくことがあります。

この2月に國語問題協議會常任理事を拝命し、微力乍も正しい国語を伝えていくお手伝いのできる環境になりました。
気持を新たにして活動していきたいと思います。

このホームページで国語の問題をご紹介するばかりではなく、フェイスブックにも、2月の半ばから「國語問題協議會FB俱楽部」というのを立ち上げました。

そこでは正式な日本語、というよりは日本語の疑問、日頃感じていること、好きな詩歌、など紹介しあって、なるべく文語の良さを語り合えるようにして行こうという、「クラブ」にしてあります。

勿論、そのページは横書きで、國語問題協議會の主旨からいうと、まだまだ国語に親しむところまでは及ばないかもしれません。

が、国語(日本語)について、語り合う場は楽しいし、とても大切だと思うので作ったわけです。

フェイスブックページをご覧になるには、このホームページの最初のところから(上の真ん中にある「F]のボタンをポチッと押して私「安田倫子」の頁に入り、画面左の「國語問題協議會FB俱楽部」のボタンを押して、クラブに入ってみてください。

お誘いした方の入退会は自由です。
投稿は国語(日本語)に関する諸問題、話題であれば結構です。

言葉に関する話題ではない場合、俱楽部の主旨にそぐわないと判断した場合は、こちらで消去させて戴きますので悪しからずご了承ください。

ご覧になるだけでも構いません。

どんな話題があるのか、見て戴けると嬉しいです。


また、宜しければ

PCで歴史的仮名遣い、正漢字入力をしたい場合の強力な味方をご紹介します。

歴史的仮名遣い、正漢字変換ソフト「契沖・けいちゅう」です。


國語問題協議會常任理事の市川浩先生が発明・開発なさいました貴重なソフトです。


詳細は下記をご覧ください。

(追伸)以下は市川先生からの漢字ご変換の御指摘です。
お詫びして上記内の漢字を訂正しました。(4月16日)

拜啓
早速の御高配有難く拜受、活溌なる反應を期待致しをり候。
要用而已 敬具
二伸
貴記事中「國語問題教義會」の誤變換表記五ヵ所あり。
なほ、「契冲」にては、同じ「キョウギカイ」でも
けふぎくゎい→協議會
けうぎくゎい→教義會
きゃうぎくゎい→竸技會
と字音分別入力が可能なれば、誤變換の恐れ無之候。
以上




有限會社申申閣
〒216-0033 川崎市宮前區宮崎二丁目六番地11-C226
電 話 044-750-7108
E-mail shinshinkaku@mtc.biglobe.ne.jp
URL http://www5a.biglobe.ne.jp/~keichu/


posted by rinko at 00:16| Comment(0) | 日本語