2017年12月03日

12月のスケジュール


倫子塾12月のスケジュール

土曜日 2,9,16,23すべての土曜日は平常通り開講です。「倫子塾」吉祥寺本部教室。

本年度の教室は23日が最終日です。

*9:45~10:30場の浄化、気を感じる瞑想。自由参加、無料です。

*10:30~12:00 丹田腹式呼吸法。癒しの呼吸エクササイズ。参加費2000円。

*12:00~13:00古武道の基礎練習。体を鍛える稽古。参加費無料。

但し、倫子塾の方で、希望者には29,30,新年3日、寒稽古を実施致します。10:00吉祥寺教室j前に集合。木刀、杖などを持参。防寒着必要。


日曜日 3,10,17,24,31日

*毎月第1,3日曜日実施。

今月は3日、17日、戸塚教室(JR戸塚駅)男女共同参画横浜センター(戸塚フォーラム)
13:15~14:45「癒しの呼吸エクササイズ」

*毎月第2日曜日実施。

今月は10日 よみうりカルチャー錦糸町「梵字を書く」講座。10:00~11:30


月曜日 

*毎月第2月曜日実施。今月は11日です。よみうりカルチャー荻窪教室。

10:30~12:00「梵字を書く」講座。

*毎月第3月曜日実施 今月は18日です。吉祥寺「倫子塾」オフイス。
「今更聞けない大人のペン習字」教室。

*毎月第4月曜日実施 今月は25日です。よみうりカルチャー荻窪

10:30~12:00「古事記に親しむ」講座。

火曜日

*毎月第2,4火曜日 15:00~16:30 整体教室。

水曜日

*毎月第2,4水曜日 今月は13,27日実施。

よみうりカルチャー「浦和」教室10
:00~11:30「倫子塾」の丹田腹式呼吸法。

よみうりカルチャー「大宮」教室12:30~14:00「癒しの呼吸r草サイズ」。

*毎月第3、5水曜日 今月は20日 古武道の稽古 18:30~20:30「倫子塾」吉祥寺本部教室。
木刀、杖等持参。参加費3000円。指導者、立会人が付きます。

*毎月第4水曜日 今月は27日 「倫子塾」吉祥寺本部教室。
「倫子塾で學ぶ 甦る美しい國語」講座。19:00~20:30
参加費 3000円。

木曜日

毎月第2,4木曜日  今月は14,28日 よみうりカルチャー荻窪教室。
15:20~16:50 「倫子塾の丹田腹式呼吸法」講座。

金曜日

*毎月第3金曜日 今月は15日 よみうりカルチャー荻窪
「パワースポットで元気」講座。10:30~12:00 教室での講義です。

*毎月第4金曜日 今月は22日です。 よみうりカルチャー「大宮」教室
10:30~12:00 「古事記に親しむ」講座。
13:00~14:30「梵字を書く」講座。
〜〜〜〜〜〜〜
メモ

*5日火曜日 13:30~15:30 参議院会館 「我が國語を愛し學ぶ國民の會」川畑賢一先生。
文語のお勉強会です。お好きな方はどうぞ。

*7日木曜日 18:30~涼恵さん コンサート 武蔵野公会堂。
透き通るような歌声。かつてメトロポリタン劇場でスタンデイングオベーションを受けたとか。
お好きな方はどうぞ。

*8日金曜日 15:00~17:00 國語問題協議會理事會
*20日水曜日 倭塾「日心会」忘年会。










posted by rinko at 01:16| Comment(0) | 倫子塾の活動・お知らせ

2017年12月02日

皇居勤労奉仕 平成27年11月28日〜12月1日


皇居勤労奉仕に一昨年に続いて再び参加して

皇紀2677年・平成28年・西暦2017年・平成丁酉年(歳)(へいせいひのととりどし)
11月28日〜12月2日
「日本を知る囘」國分孝一会長の団員の一人として参加。21名。

日本の國民が日本國の天皇を大切に思うのは自然な誇りから来ています。

これを右だというような國を解体してしまいかねないどこぞの政治思想に利用されてはたまりません。

日本國民に家庭でも、学校でも国歌や国旗への敬意を持つことが、どんなに国民として誇りになることか、日本國は、はっきり申し上げて、教えていません!

このままでは日本國は無くなってしまう!という危機感さえ湧いてきます。

さて、

35萬坪の本の一部を係りの方に案内をして貰いながら、手分けして清掃。
初日、賢所周辺。神様は確かにいらっしゃいました。
有り難いことでした。
桑畑、陛下の田圃等見学。
土曜日12月2日からの「通り抜け」一般の方に皇居の紅葉を御観せするために坂下門から桔梗門迄を開放するので、主に通りの落ち葉掃き、草を抜く作業を致しました。

3日目赤坂御用地(約15萬坪)の清掃。
御庭は勿論下座の行(トイレ掃除)を挙手して致しました。
皇太子殿下のお会釈がありました。

11月30日は秋篠宮殿下の御誕生日(52歳)お近くで清掃ができるとは光栄でした。
またあくる日は愛子内親王殿下の御誕生日(16歳)。
雨模様の一日でしたが、清々しい場所に包まれて、有り難いことでした。

最終日は清掃という蔭の働きが、各家庭でも如何に大切か、改めて感じました。
天皇皇后両陛下のお会釈も、またまた感激して涙が流れてしまいました。
最前列に居たわたくしをちゃんと見て下さり、(皇居を綺麗にしてくれて)「有難う」とお声をかけて下さったのは、一昨年と変わりません。(実はご奉仕の皆様が、同じことを感じている!)KINNROU奉仕 皇居.jpg勤労奉仕 赤坂御用地.jpg

昭和20年12月に宮城の青年60名が、戦争で荒れた皇居をお掃除してきれいにしたいと自主的に申し出て始められた勤労奉仕は、今では皇室と国民がより密接な関係を保たれるための、よいシステムになっていると思いました。
当初は毎年1万人が集ったそうですが、今は8000人ぐらいになって、まだまだ手が足りず、もっと国民に声をかけて、勧めて欲しい作業だと思いました。


posted by rinko at 08:23| Comment(0) | 自然

2017年11月14日

風邪の手当て(のどの場合)

風邪の手当て

風は疲れが溜まって体力免疫力が低下した場合に罹るようです。
人混みや電車やバスの乗り物ではマスクを付けるというような、日頃からの用心は勿論ですが、「罹ったかな」と自覚したら、

  1. まずお医者様に診てもらう

  2. 家庭での手当て

    の順番が大事だと思います。自己判断だけでは「風邪をこじらせる」「ほかの病気を見落とす」危険が考えられます。


症状を感じた時に早めに手を打てば、風邪がのどや鼻だけで済んだものを風邪の菌を肺や腎臓まで下ろしてしまうことが、ママあるのです。

素人判断、民間療法だけに走ってしまうのは、だから危険だといいます。単なる風邪だと思っていたものに実は別の病気が潜んでいた、という話はよく耳にします。

今回は喉が痛い時の民間療法をご紹介しようと書き始めていますが、のどの痛みには恐ろしい病気が迫っていることがあるのです。
子供の場合ですがわたくしが4歳の時にのどが痛くて声がでにくくなって、母がお医者に連れて行こうか、といってくれた時に、勤めが終わって帰ってくる父に連れて行ってもらうから、と夕方遅くまで父の帰りを待っていました。(父は母より優しかったから、笑)
実はジフテリアだったのです。
当時は戦後まもなくでジフテリアが子供たちの間に流行っていて同い年の従妹も丁度罹りました。
時間が経つにつれてだんだん声が出なくなり息も苦しくなってきたのをみて、母がニンニクをすりおろして口に含み、わたくしの喉に吹きかけました。結果的にこれが良かったのです。ニンニクは殺菌能力が高いそうです。
ジフテリアは喉に菌が入って胞子のように白い幕を作り、子供の場合は息が出来なくなって亡くなってしまうことがよくありました。(従妹は亡くなりました)


但し、専門家の診断を受けて納得した場合以降は、伝統的な智慧、いわゆる民間療法を試みるのも、体が楽になる良い方法だと考えています。


自宅で手当てをする場合。(母から受け継いだわが家の民間療法です)
@熱めのお風呂

風に罹ったな、と自覚症状があって、熱が出ても頭が痛く無く元気もある場合は、普通のスケジュール通りの生活をして熱めのお風呂にも入ります。

わたくしの場合は42度がいいようです。

銭湯でお年寄りが熱いお湯に平気で入っているときに、わたくしが疑問を口にすると、母の解説では、年を取ってくると皮膚感覚が鈍くなるので、42度以上の熱いお湯に入っても、皮膚は赤くならず、若い人とはお湯の温度への反応が違うそうです。
熱いお湯というのは皮膚が赤くなる程度の熱さです。

疲れが取れるからと、ぬるめのお湯にじっくり入ると余計に風邪を進行させてしまうようです。お風呂の温度や入り方にはそれぞれの用途があるのですね。


A水分補給

汗が出たら、直ぐに着替えられるように下着の準備をしておきます。熱が高い時には下着がグショグショになって、一晩で何枚も代えることになります。
水分は白湯が一番いいのですが、面倒な時にはお水でもよく、一口ずつ、のどの渇きが治まる程度に飲みます。(一度にがぶ飲みはしない)
スポーツ飲料も水分補給にはいいのかもしれませんが、わたくしは、飲むと吐いたり気分が悪くなるので飲みません。水よりジュースが欲しい時もありますね。しかし、一般に子供が好むオレンジジュースは、わたくしの場合おなかを壊すのであまり飲みません。

自分にあった、体が欲しがる水分でいいのでしょうね。


B汗をかく

元気や、やる気が出ない場合は無理をせず、とにかく汗が出るように温かくして腰椎5番(肩甲骨の間の脊椎真ん中が汗のツボなので、そこをホカロンなどで温めるか、蒸しタオル(レンジで濡れタオルをチン)を当てます。
汗が出ない!と苦しんでいる方は是非試みてください。


C熱が下がったら

出来れば一日だけでも外へ出ない。仕事を休む。布団に入ってよく寝る。


誰でも熱のあるうちは、寝ているのですが、民間療法の一番大事なところは、熱が下がったときの養生です。
友人たちは生真面目な方が多く、ほとんどの方が、熱が下がったから、溜まった家事を片付けようと、掃除洗濯買い物仕事の続き、など張り切ります。
これが風の対応には一番悪いのです。
熱が下がっただけで、風邪はまだ治り切っていません。


養生というのは、次に風邪に罹りにくくする抵抗力、体力を養う、という意味があるのですから、体の再生、立て直しには休養する時間が必要なのです。
十分に休まないで動いた場合、またふとしたきっかけで風邪を引いてしまいます。
人間の肉体はいつも「破壊と建設」を繰り返しながら外からの刺激に対応しています。

破壊を受けても、いつでも立ち直る事、建設できる強い体になるには、風邪という経験を活かして、より風邪に対応のできる体つくりをする必要があるのです。
風邪に罹って体力が落ちたままで、日常の活動を始めてしまうと、体が風邪に対する対応能力を学習しないうちに、またまた疲労してしまうので、せっかくのチャンスを無くしてしまうことになるのです。
細胞は日々進化老化していますから、体を再生させる為には、上手に破壊と建設の仕事ができる人ほど健康体といえます。ですから、そのための風邪(破壊)はなんなく遣り過ごせるようになるといいのです。

今回は特にのどのトラブルの為に対処法を説明します。

喉(のど)に効くもの

お医者様にのどの痛みがあるときに何種類かのトローチを貰いますが、トローチといっても薬なので、それではない方法で喉の痛みやカスレを改善する方法を試してみるのもいいでしょう。

、大根の蜂蜜漬け
一番簡単。大根を短冊切りか、小さく切って蜂蜜に漬け、一晩置きます。朝になると水分が上がってきますのでそれを適量(スプーンで2〜3杯)コップに入れてお湯で溶かして飲みます。のどの痛みが取れます。

、葱(ねぎ)スープ
太葱でも万能葱でも好みの味付けでスープとして毎食飲みます。

、葱を長めに切りさっとゆでたものをタオルかハンカチに包んで喉に巻きます。ちょっと臭いがしますが、のどの痛みが一晩で取れます。


、花梨(かりん)の蜂蜜漬け
今(11月の終わり)丁度花梨の実が黄色く色づいてきています。スーパーに出ることもあります。実は大きいので1個で間に合います。蓋つきのガラス瓶(梅酒を漬けるときのような)にスライスした実を入れ、蜂蜜が実にひたひたになるまで入れます)1か月すればエキスを薄めて飲めます。実は固いのでスライスするときに手を切らないように注意が必要です。
喉が弱い人は常備しておき、のどが枯れたり、痛い時に年中使います。

出来上がったものがスーパーで、食品として売られている場合もあります。
わたくしは以前、吉祥寺のロジャース(安売りのお店)で買ったことがあります。

、みんなの前で話す必要のある方に。
玉子の黄身を生で飲みます。(生臭いので、ちょっと勇気が必要。わたくしは人前で話すのが仕事ですので、話す直前に玉子の黄身をツルリと飲むことがありました。90分ぐらいは滑らかに声が出ます。

、パワーストーンがお好きな方、アクセサリーをお持ちの方は、「喉には琥珀」が役に立ちます。のどのトラブルを解消してくれる石は琥珀です。
大抵の方はネックレスやペンダントでお持ちかもしれません。
また、アクセサリーになっている高いものではなく、石やさん(パワーストーンの専門店)では琥珀の原石を安価に売っていますので何かの機会にお店を覗いてもるのもいいですよ。

*喉、咳止め関係は、蓮根(れんこん)、大蒜(ニンニク)、生姜(しょうが)、が渇かせませんね。鶏ガラ出汁でそれらを入れたスープは食欲がない時には大変役に立ちます。もとから作るのが大変な時には、チューブ入りやスープの素を利用するのが便利です。

*わたくしは癌に罹ったときにはこれに人参をすりおろして入れ特性人参スープで乗り切りました。

*具合の悪い時には、あまり食べないのも養生のうちです。


食べ続けていると消化のために内臓が働こうとして疲れを加速することになります。動物は具合の悪い時にはじっとして、体調が戻るのを待ちます。人間も最近は食べ過ぎ飲み過ぎです。自戒を込めて留意したいと思います。


posted by rinko at 10:16| Comment(0) | 健康

2017年11月09日

11月の倫子塾スケジュール


「倫子塾」11月のスケジュール



土曜日: 4,11,18,25日すべての土曜日は平常通り開講です。

*10:30~12:00丹田腹式呼吸法(参加費2000円)

*9:45~10:30場の浄化・気力を鍛える瞑想(自由参加・無料)

*12:00~13:00 古武道の基本稽古素振り、神道夢想流杖道(自由参加・参加費無料)


*18日の午後は國語問題協議會出席の為、倫子のみ不在。指導者、係り員は教室に居ります。


日曜日: 5,12,19,26日。

*第1(5日)、3(19日)日曜日 戸塚教室 13:15~14:45

JR戸塚駅徒歩5分。男女共同参画横浜センター(戸塚フォーラム)見学体験はできます。直接フフォーラムへお問い合わせください。

*第2日曜日(12日)よみうりカルチャー錦糸町教室。10:00~11:30「梵字を書く」講座。



月曜日: 6,13,20,27日

*第2月曜日(13日)。よみうりカルチャー荻窪「梵字を書く」10:30~12:00

*第3月曜日(20日)。「今更聞けない大人のペン習字」吉祥寺「倫子塾」オフイス。参加費2000円)

15:00~16:30(
16:00以降は早帰りOK)


*第4月曜日(27日)。よみうりカルチャー荻窪「古事記に親しむ」講座。




火曜日: 第2,4火曜日。整体。今月は特例で14,21に変更。


水曜日

水曜日; 第2,4水曜日(8,22日)よみうりカルチャー浦和(10:00~11:30)
よみうりカルチャー大宮(12:30~14:00)  丹田腹式呼吸法・癒しの呼吸エクササイズ。

*15日午前中 靖国神社昇殿参拝(倫子のみ)。

*第3,5水曜日(15,29日)18:30~20:30,「倫子塾」吉祥寺本部教室で開講しています。
指導者、担当者2名。参加費(3000円)

*第4水曜日(22日)「倫子塾」で學ぶ 甦る美しい國語講座を開講します。
19:00~20:30吉祥寺「倫子塾」本部教室にて。参加費3000円。

文語表記の美しい國語を読んだり鑑賞したり歌ったり致します。学生時代に受けたかった本当の國語の授業です。


木曜日:

*第2,4木曜日(9,23日)「倫子塾」の丹田腹式呼吸法講座。癒しの呼吸エクササイズ。
15:20~16:50よみうりカルチャー荻窪。


金曜日:


*第3金曜日(17日)よみうりカルチャー荻窪「パワースポットで元気」今月は教室を出る回です。(3回セットの講座で、中1回は現地・いやしろち研修)

都内世田谷の轟渓谷散策をしながら、光やエネルギーの浴び方プラーナヤマの呼吸を学びます。
10:00大井町線「轟駅」改札集合。

午前7時のニュース天気予報で雨の場合は平常通り教室での講座に変更となります。


*第4金曜日(24日)よみうりカルチャー大宮教室。

10:30~12:00「古事記に親しむ」講座。

13:00~14:30「梵字を書く」講座。


*28(火曜日)〜12月1日(金曜日)まで倫子のみ皇居勤労奉仕に参ります。「倫子塾」スタッフは2名居りますので平常通りの活動です。

よろしくお願致します。















posted by rinko at 10:47| Comment(0) | 倫子塾の活動・お知らせ