2017年11月05日

映画「ラストレシピ」を観て2017/11/3

映畫『ラストレシピ』を觀て  2017/11/3 明治節の日に

原作:『ラストレシピ麒麟の舌の記憶』田中経一著(幻冬舍文庫)2014年。「料理の鐵人」等數多くのテレビ番組制作演出家。

                        


人は皆、自分の生まれた時代を超えて生きることは出來ない。


歴史的限界性がある中で、その時代の人々が如何に其の時代の「たった今を生き拔いたか」に尊敬の念を忘れては駄目である」と述べた小林英雄の言を引く迄もなく、それだからこそ、特に映像の世界では、觀賞する側は、まるで當時の人々が目前に甦へつたように、その時代の空氣感を再現してみせてくれることを期待する。

映畫『おくり人』の監督滝田洋二郎氏は、この『ラストレシピ』で、天皇の料理番という、料理人のプロ中のプロの矜り(ほこり)を貫いて果てた祖父の生きざまを通して、觀客をその世界へ誘つて(いざなって)くれた。


1930
年の滿洲という時代と、2017年の現代を、祖父と孫の絆を推理小説を讀み進めるやうに繙いて(ひもといて)行くことで、時代を懸命に生きた人物を描かうとして、それは見事に成功してゐる。

『おくり人』でさうであったやうに、監督は極力周圍の雜音を入れず、「如何に生きたか」のテーマを浮き彫りにしやうと物語りを描いていく。
從って主人公を盛り立てる背景も音も置いてはゐない。


だから、演じる俳優は高い演技力が要求される。


昭和の滿洲という時代を、その中で必死で自分の勉めを果さうとして、疑ひもなく仕事に邁進した主人公の仕事への純粹さが、當時の日本人感をよく表してゐる「科白(せりふ)」そのものでなくてはならない。

主人公を演じた西島英俊氏は殆ど獨白とも言へる科白の細部に亙つて、仕事への矜り(ほこり)と責任を全うしようとした當時の日本人をよく演じたと感じた。


さうして彼の演技の助けになったのが、彼を取り圍む俳優達だ。

彼らの見事な演技は、科白で時代の空氣感を表現しようとして、觀客の期待に應へ(こたえ)、まるで舞臺を直接觀てゐる樣だつた。
 
西島氏が演じる主人公の祖父が請つた仕事の中の理不盡な死。


架空の物語りにしても、當時の日本人なら「然もありなむ」と受け止める事の出來る、現代人のわたくしたちが此處に居る。

子役達も「居たよね、あんな昭和の子供」という風な雰圍氣の子達だったのがよかった。(まあ、動作には現代っ子は隱しやうもなかったが、それは子役ゆゑと云ふことで。

二宮和也君演ずる孫は、祖父と同じ「麒麟の舌を持つ男」と言はれてゐる設定でも、動作、表情全て現代つ子そのもので、昭和の雰圍氣が微塵もなかった。


またそれが、祖父の時代と孫との現代の差がくっきりと描き出されることになっていて良かつた。


最後の、「皆、知つてたんだ」という科白は要(い)らなかつたように思ふ。その一言が物語りの餘韻を帳消しにしてしまつているようで殘念だつた。

「(降る雪や)明治は遠くなりにけり」と句を殘したのは中村草田男だが、この映畫を觀て、熟々(つくづく)昭和も遠くなりにけり、と感じた。


昭和と言ふ時代の一部を切り取つてさへ、時代を描くのは事程左様に(ことほどさように)難しいのだが、救はれることは、日本人の生き方の本質は当時も現代も何も變つてはいない、と云ふ手掛かりがあることだ。


本來の日本人とは、

信じるものに矜り(ほこり)を持ち、命を懸けて信じるものの爲に生き、家族や友人を愛し庇ひ(かばい)、理不盡な(りふじんな)死も受容れる。

どのやうな職にあっても、男女の違ひがあると雖も(いえども)職分を全うする爲に、誠を盡くして義に生きる、それが昭和迄の日本人。


昨年(2016年)8月8日の陛下の御言葉により、昭和は終はりを告げようとしている。


昭和22年生れのわたくしも終活眞つ最中である。

昭和を生きたひとりと言つて良い。
果してこれからの人々に昭和迄の人々の生きざまを、昭和といふ時代の空気感を、歴史を追つて上手く語り傳へて行けるだろうか。


現代の價値觀だけで、當時の人々の生き方を斷罪して仕舞つては、日本人の歴史が抹殺されるのと同じことになる。其れだけは避けたいと思ふ。

明治節(文化の日)に、昭和を考へた一日となった。


2017年10月22日

お知らせ

お知らせ

21日、夕刻よりフェイスブック、停止3日の聯絡があり、御手上げです。

昨日「通州事件」關聯の記事をシェアしてところ、「これは單語の檢索にひっかかるので氣を附けたはうがいい」という忠告を載せてくださった方がいらしたのですが、やはりひっかかったようです。

昨年は「チ○ン」という言葉が含まれてゐて、1日といわれて、1週間でしたが、今度は3日といわれたので、1週間ではすまないかもしれません。

事務局にはどの記事をシェアして規定違反と判斷したのか質問をしましたが、返事はまだです。ですので、他の記事からかもしれません。

「安田がペナルテイ中」というのを御友達に報たいのですが、如何すれば謂ひでせうか。

FBは閲覽可能でわたくしから反應が出來ないだけ、という状況になっています。
御用の御座います方はお知らせしている電話か、PCのメールでご連絡ください。




posted by rinko at 00:16| Comment(0) | 倫子塾の活動・お知らせ

2017年10月02日

10月の御スケジュール

10月のスケジュール

日曜日

1日、15日、第1,3日曜日。  
      戸塚教室 「癒しの呼吸法エクササイズ」男女共同参画横浜(JR戸塚駅5分)
      13:15~14:45

8日、第2日曜日 「梵字を書く」よみうりカルチャー錦糸町センター。
      10:00~11:30

月曜日

9日、第2月曜日。「梵字を書く」よみうりカルチャー荻窪センター。
      10:30~12:00

午後吉祥寺オフイス。(第2、4月曜日)
      13:00~14:30

16日、第3月曜日 吉祥寺オフイス15:00~16:30「今更聞けない大人のペン習字」
23日、第4月曜日 「古事記に親しむ」よみうりカルチャー荻窪センター。
         10:30~12:00
火曜日
10日、第2,24日、第4火曜日 整体 15:00~16:30

水曜日
11日、第2,25日、4水曜日 「倫子塾の丹田腹式呼吸法」
        よみうりカルチャー浦和センター。 
        10:00~11:30
                       「氣力の高まる呼吸法」よみうりカルチャー大宮センター。
        12:30~14:00

18日、第3水曜日、古武道教室(倫子塾吉祥寺本部教室)
        18:30~20:30  参加費3000円。

25日、第4水曜日「倫子塾で學ぶ 甦る美しい國語」講座
        19:00~20:30 倫子塾吉祥寺本部教室 参加費3000円。

    *ご案内はFacebookのイベントでも詳細を掲載しています。


木曜日
第2、第4木曜日 「倫子塾の丹田腹式呼吸法」よみうりカルチャー荻窪センター。
         
         15:20~16:50
金曜日

20日、第3金曜日 「パワースポットで元気」よみうりカルチャー荻窪センター。
         10:30~12:00

27日、第4金曜日「古事記に親しむ」よみうりカルチャー大宮センター。
         10:30~12:00
        「梵字を書く」よみうりカルチャー大宮センター。
         13:00~14:30

7,14,21,28日、毎週土曜日「「倫子塾の丹田腹式呼吸法」
        倫子塾吉祥寺本部教室。10:30~12:00 参加費2000円。
7,14,21,28日毎週土曜日12:00~13:00
                      古武道教室。素振り、杖道。参加費無料。

*当分の間、午後のクラスはありません。

posted by rinko at 23:09| Comment(0) | 倫子塾の活動・お知らせ

2017年09月25日

9月21日世界平和記念日

埼玉県護国神社奉納揮毫 映像の御案内

https://www.facebook.com/iwasakimiyabi/posts/1950292048573573
posted by rinko at 05:35| Comment(0) | 自然