2018年06月27日

オリンピックと日本人のこころ


24日に、鈴木くにこ様から新刊御著書を御恵贈戴きました。


『オリンピックと日本人の心』内外出版社。新書版。2018623日(オリンピック・デー)


この御本は、全体が「真に日本人的な、細やかな愛情を纏って」出来上がっています。


何故なら鈴木様は純粋に日本人としての誇りを持ち、活躍の場を、豊富な語学力を発揮されて日本の精神そのものを通訳されてもいるからです。


特にフランス語はフランス人並みです。


表紙カバーから扉、目次、本文に読み進めて、どの一文字、一句にも日本人的配慮が行き届いています。


そうして鈴木様を取り巻く友情の証しでもある、交流の深い一流の方々との信頼に溢れた作りになっている処が素晴らしいのです。


これら方々の支えなくしては、いつも、日本人として、広く世界を相手に互角にものを申していることは出来ないでしょう。


鈴木様は、何故このように、日本の文化に造詣が深く、文章に優しさがあり、格調が高いのか。


それは鈴木様の生き方の一部、日々の歩みを知れば簡単に繙く事が出来ます。


幼稚園から高校まで学習院で學び、渡仏。

慶応大学法学部政治学科首席卒業。

まだまだ学歴は重ねるのですが、素直で鋭い探究心が錆び付く事なく磨かれ続けていらっしゃるからです。


現在は「外交・安全保障研究家」として独立なさっています。


鈴木様は、御時間の許す限り、土曜日開講の「倫子塾」吉祥寺本部教室に通われて、丹田腹式呼吸法、気功、古武術を熱心に稽古なさっていらっしゃいます。


世界情勢を違わず分析、日本の為にお働き下さっていることに対して、感謝しかありません。


どうぞ御自重下さいまして、日本を広く世界に知らしめる御働きを続けて下さいませ。


追伸:アマゾンの読者レビューを載せました。


   この文章の簡略版です。宜しければお読みくださいませ。



posted by rinko at 08:47| Comment(0) | 論文

2018年06月05日

6月のカレンダー



6月のスケジュールの御案内


木曜日

*7,14,21,28

*7日 @13:30〜「我が國語を愛し學ぶ國民の會」参議院会館・どなたでもどうぞ。

     A15:00〜國語問題協議會理事會・塾長出席

*14,28日(毎月第2、4木曜日)よみうりカルチャー荻窪

    倫子塾の丹田腹式呼吸法講座15:20~16:45


金曜日 1,8,15,22,29日。

*15日(毎月第3金曜日)よみうりカルチャー荻窪

    「パワースポットで元気」講座 10:30~12:00

    本日は教室での講義です。

*22日(毎月第4金曜日)よみうりかるちゃー大宮

    10:30~12:00「古事記に親しむ」講座

    13:00~14:30「梵字を書く」講座



土曜日 2,9,16,23,30日 毎週土曜日は平常通り「倫子塾」吉祥寺本部教室は開講しています。

*参加費2000円。

*9:45~10:30 場の浄化六法礼拝、宇宙と繋がる瞑想。

*10:30~12:00 丹田腹式呼吸法を基本として元気と健康を引き出す気功教室を致します。

*12:00~13:00 古武道の基本稽古 武道の稽古のみ受講料は無料です。



日曜日 3,10、17、24、日

*毎月第1、3日曜日。戸塚教室。「癒しの呼吸エクササイズ」13:15~14:45

*3日 第1日曜日は終了致しました。

*注意:今月は第3日曜日17日の講座はありません。

*毎月第2日曜日  10日 よみうりカルチャー錦糸町。
 「梵字を書く」講座。10:00~11:30



*第4日曜日、24日「倫子塾」特別講座。(前ページに御案内をしています)

 東京都のイヤシロチ現地研修。都営地下鉄「初台」駅上。

 オペラシテイ  1Fエスカレーター横、10:00集合

 会費  ¥2000円。よみうりカルチャー教室とは違いますので参加者は全員会費が必要です。


月曜日 4、11、18、25日。 



*毎月第2㈪  今月は11日 よみうりカルチャー荻窪。


「梵字を書く」講座。10:30~12:00



*午後は吉祥寺オフイスで整体。(完全予約制)



*第3月曜日 今月は18日 15:00~16:30  吉祥寺オフイスにて

「今更聞けない大人のペン習字」少人数クラス



*第4月曜日 よみうりカルチャー荻窪。

 「古事記に親しむ」講座。10:30~12:00



*午後は吉祥寺オフイスにて整体(完全予約制)




火曜日  5,12,19,26日

*毎月第2,4火曜日 塾長の整体研修日。施術の予約は適宜受け付けています。

水曜日  6、13、20、27日。

*毎月第2,4水曜日、今月は13、27日実施。よみうりカルチャー大宮

    *12:30~14:00   「癒しの呼吸法エクササイズ」
    *気力の高まる呼吸法講座。
    *呼吸法で元気になるとはどういうことか。
    *呼吸法の魅力。
    *運動をしたことがない人、実際に健康に問題を抱えている人、
    *普通の体操教室ではありません。健康になるために、健康を維持するために、まずは体験してみましょう。


*毎月第3、5水曜日 今月は20日。「倫子塾」吉祥寺本部教室にて

    *古武道教室(専門の指導者がつきます)
    *16:30〜20:30
    *参加費 3000円。

*毎月第4水曜日 今月は27日実施。

*「第40囘 倫子塾で學ぶ  甦る美しい國語」講座。

*19:00~20:30



以上
























posted by rinko at 09:18| Comment(0) | 倫子塾の活動・お知らせ

2018年06月03日

特別研修のお知らせ


特別研修のお知らせ

パワースポット関連の研修です。

パワースポットはスピリチュアルスポット、または日本語では「いやしろち」と呼ばれています。

6月24日 日曜日  雨天決行

「東京の守り」はどのようにして現代に生かされているか。

直下型地震などで東京が受ける被害の趣味レーションなどが盛んに出されていますが、地震予知なども勿論大切です。
その他に、東京はどのような手段で東京を守ろうとしているのでしょうか。

私たちの知らない東京の守り。いざという時の備えはどうなっているのでしょうか。

本当に守ろうとすれば、あまり公(おおやけ)にはされていません。なぜなら、何処の世界にも、その存在を破壊してしまおうという勢力が存在するからです。

靖国神社を始め、全国の神社仏閣が荒らされたり、神木が枯らされたり、仏像が盗まれたり、被害が拡大しています。
これを放置はできません。

日本を守る。
とても大切なことです。

神話の時代から日本には清浄な地が其処ここに存在しています。
現代の東京にも沢山あります。

その中でも、東京を守ろうと活躍してくださっている縁の下の力持ちがちゃんといらっしゃるのです。

ピラミッドやノアの箱舟、日本の神話などから東京を守る使命を与えられた御存在が、この「東京オペラチテイ」の建設に隠されています。(オペラシテイの案内には一切書かれていません)

実際に現場に立って確認してみましょう。

*都営新宿線「初台駅」下車「東京オペラシテイ」ビル1階エスカレーター横

*10:00集合12:00まで研修

*昼食は原則として各自で。御希望の方は当日集合後、御相談の上、予約を取ります。

*研修費:2000円。(お昼代は各自)

御報告

お陰様で、朝方まで降った雨も上がり、爽やかな日和となりました。

10:00には皆様お揃いで、時間通りに研修を始めることができました。

資料もお渡し致しましたが、数字や年代などは東京都のホームページにあるものみと致しました。

実際にその場に立たないとわからないこと、自分の目で確認することの大切さなど気づいて戴けたことと思います。

様々な都合で参加したかったけれどもそれが叶わなかった方々もいらっしゃることでしょう。

倫子塾では、公開のこのような研修を2か月に1回ぐらいの割合で実施しています。今のところ、第4日曜日の午前中が実施可能曜日です。

その他毎月第3金曜日の午前中も2か月に1回の割合で出かけています。

次回は7月20日㈮ 明治神宮になっています。

詳細はお問い合わせください。

posted by rinko at 03:13| Comment(0) | パワースポット研修

2018年05月05日

日本語についての一考察。井上教授の場合

永井 と様経由で戴きました。

2016年5月3日にアップされた記事です。
日本語について
大変面白い記事ですのでご紹介致します。

同志社大学の井上教授です(^o^)/


◇この2年間、日本に関する書籍がたくさん出版された。

◇中国では、反日教育されているが、実際に日本に来て違うと思っている。

...

◇日本は、世界にない、稀な国。

◇京都と同じ北緯は、ヨーロッパにはなく、北アフリカになる。
 
イタリアのミラノ。ヨーロッパの中では、南に位置するので、南欧とも呼ばれるが、北海道と同じ北緯になります。

⇒このことから、日本がいかに恵まれた暖かい国だという事が分かる。

◇人口は、
 フランス + イギリス < 日本
 フランスとイギリスを足した数より少し多い。

 人口は国力なので、日本は、大国です。

◇自給率で見ると、日本は低く見えるのですが、農産物の生産量で比べると、世界5位。日本は、農業大国なんです。

◇ヨーロッパと比べたら、日本は自然豊かな国。
 
日本は、草花の大国だと言われています。

◇世界は、日本がうらやましくって仕方がない。

日本は、とよあしはら【豊葦原】、瑞穂の国。
これは自慢ではなく、本当の事。

◇日本は、陸だけでなく、海も豊かな国。

◎本当に恵まれた国が、日本。 (^o^)/

◇言語
 「ありがとう」と「Good morning」は、全然違う。

 「Good morning」は、あなたと私。 2人の関係での挨拶。

ヨーロッパは、私とあなたの関係。

日本は、みんなで共感している。私、あなただけではない。

「お互いさま」

みんなが同じように感じる。これが大切な社会。

個人と個人の関係が、ヨーロッパと日本は違う。

ヨーロッパでは、不信感。つまり、心は通じないと思っている。

これが西洋人が云う個人。

だから、自分が主張しなければ、譲ったら負け。だから自己主張する。

日本は、何かつながりがあると思っている。

「縁」という何か、目に見えないものがあるように思う。

なんとなく情が通う。
なんとなく心が通う。

アメリカ人のテレビタレントが、「アメリカでは、以心伝心なんて通じない」と言っていた。

◇日本語には「お陰さま」、「お互いさま」と云う言葉がある。(^o^)/

◇今の日本国憲法もこの「個人」が問題。大きくなりすぎている。
 (家族の事が書かれていない)

◇あるドイツ人が、
 「心の中が、寂しい」と云っている。自分の心を打ち明ける人がいない。寂しい。だから、カウンセラーの所へ行く。(孤立、孤独)

日本人は、家庭の中で、ブツブツ云う。それが、良いんだ。(^o^)/
(心理学者 河合隼雄)
本音を出して、発散しているから。

お互い、心が通じている。

「私が・・・」、「私が・・・」と言わなくてもいい。
ヨーロッパは、言葉自体が「対立」を生む。

カウンセラーの所に行く人は、教会の人が多いとか。

日本語には、

「俺」、「私」、「吾輩」・・・色々あります。

これは、相手の事を考えて選んでいるからです。

「私は」、状況や相手によって変わる。だから、常に、場を柔らかくできる。

さらに、日本語を使っていると、「私は」とも言わなくても良いでしょ。(^o^)/

 中国語も韓国語も主語がいるでしょ。中国なんかスゴイ主張するでしょ。(笑)

◆日本人が、外国語が下手なのは、日本語が素晴らしいからだ。
  パチパチ (^O^)/ (拍手)

「八月一日日曜日」
これどう読みます?

一日=つい「たち」、「にち」、「び」
同じ「日」をこのように読むことができる日本人は、語学の天才ですよ。(^o^)/

日本語は、物凄く難しいんですよ。

1つの漢字に、色んな読み方があるのは、日本語だけ。

「生物」=(せいぶつ、いきもの、なまもの ・・・)

◇日本語の漢字の使い方は、テレビ型。

 世界には6,000語の言語が存在するが、ラジオ型。つまり、耳から聞いてわかる言語。

日本語の場合、
例えば、「貴社の記者、汽車で帰社した」のように、同音異義語が多いから、

漢字を頭に浮かべて意味を考える。(=テレビ型)
ここから言語の豊富さが出てくる。

◇Pithecanthropus(ギリシャ語から来ている)欧米で、この単語を知っている人は少ない。

(Pithec 猿) (anthropus 人)

日本語は、漢字のお陰で、小学生でも意味が分かる。

猿(さる)monkey
(エン)Pithec
欧米では、(さる)monkeyは、分かる人が多いが、 (エン)Pithec が分かる人は、少ない。

「OCULIST」この意味は?

「OCU = 眼」ラテン語から来ています。

日本語では、「眼」医者で、小学生でも理解できる。

ヨーロッパでは、言葉を知っているか、知っていないかで、差がつく。
日本は、みんなが同じように読める。

我々は、文化の程度の高い国にいる。
詩、和歌を身分に関係なくみんな出来る。

◇日本は、世界で1番戦争がなかった国。
 1400年間の内、外国へ行って戦争したのは5年間だけ。
  
ヨーロッパでは、考えられないくらい少ない。

◇江戸時代の260年間は、戦争がなかった。

260年も戦争が無い国は他に無い。しかも自給自足ができている。

◇江戸時代、日本に来たドイツ人、ケッペル氏。

「日本は、12分に発達している国」と云った。
(産業革命以前のヨーロッパは何もなかった)

日本に来ると、街道沿いに、必需品が溢れている。

◇ペリーが来た時。「太平の眠りから覚まされた」。

「太平の眠り」 = 皆が平和でのんびり暮らしていた。

小林一茶は、「春風や 牛に引かれて善光寺」と詠んでいる。

◇日本は、西洋と比べて劣っていない。

◇西洋は、男性中心の国。日本の男性が、奥さんから小遣いをもらっている事を知ってびっくりしていた。

◇「アダムとイヴ」
女性は男性のあばら骨から生まれた。これがヨーロッパの女性観。アダムをさそったイヴは悪い奴。(元を正せば神がイヴを作った事からすべて悪い方向へ)

◇日本は、宗教的にも寛容。
神社も寺も行く。宗教的な争いが無い。

昔、ヨーロッパでは、キリスト教徒でなければ、人間扱いしなかった。また。宗派同士の争いもあった。

日本は、宗教同士の争いが無いでしょう。

信長か比叡山を攻めたが、あれは、信長、個人であって、宗教が攻めたのではない。

日本は、神様、仏さま、お日様、みんな「お陰さま」なんです。

ヨーロッパでは、そう考えていない。神様は、1つ。だから、あれは偽物の神様となる。世界の紛争のたいていは宗教と関係があります。

◎今、「日本の心」が世界で求められている。 (^o^)/

◇ヨーロッパは、古いものを捨ててきた。中国人も同じことを言っている。

日本は、古代と現代を併せ持っている。

だから、お互い、古いものを大事にしてもらいたい。

日本の事を大事にすることが、グローバル化。 (^o^)/

日本という国をもう一度、お互いに自信をもってほしい。

(^o^)/(^o^)/(^o^)/

posted by rinko at 00:59| Comment(1) | 日本語