2016年11月20日

ナースを意味する和語


親しくしていただいている医療ジャーナリストでもある原山建郎先生から11月19日メールを戴きました。
その中から「和語に関する話題」を、わたくしの感想を含めてメモしておきます。

大事な日本語(和語)ですね。
介護の現場こそ、患者、医療従事者互いの信頼関係が重視される。
信頼しあうには、心が通じる、ということが先ず大切である。
心が通じ合うには言葉が通じ合うこと。
言葉は発する人、受け止める人、互いの心を結んでくれるものだからだ。
特に病気の時など、緊急時は生まれ育ったところの言語でなくてはもどかしい思いをする。
医療現場に外国語は馴染まない。


二〇〇四年の日本生命倫理学 会講演で、野の花診療所鏡長・ 徳永進さんが、近代医療の中で 私たちが忘れているものが、
ナー スを意味する十四の和語( つつ しむ、いつくしむ、さする、ささやく、すくふ 、はぐ くを、たっ とぶ、わらふ 、 とまどふ、あやまる、ゆるしあ う、いのる、ほろびる、ゆいま ―る― ―琉球語で助け合う)に隠 されていると語った。

以上『 野の花ホスピスだ より』( 徳永進著、新潮文庫、 二〇〇九年)。 

欧米一辺倒の近代化は、日本 では未成熟に終る予感がする。
日本には日本の昔人の知恵が、 倫理という点においても残され ているのではないかと思う。
英 語で語れないものが和語には隠 されている、とちょっと力を込 めて語った。( 中略)
和語って何だろう。「 よしよし」 かな、「 まもる」かな、「 そば」 かな、いや「 かばう」 、いや違 う。何だろう。 】 ( 同書一七一 〜一

村松さんの、素敵なひと言。
「 察して行動、つないで紡ぐ。 紡ぐには、察する勘が必要。相 手の心に向き合う″ 目と 手″が不可欠。」

以上『メッセンジャーナース』村松静子監修・看護の科学社刊・2016年


*村松さんは、以前は看護婦(看護師)は医師の助手。医師の許可がなければ医療行為は何もできなかった立場から、独立して患者の側に立ち、アドバイスできるようにナースだけで活動のできる場を初めて持った方。

posted by rinko at 07:11| Comment(0) | 健康

2016年10月31日

倫子塾11月の予定

倫子塾11月予定

土曜日:5、12、19、26、午前、午後とも平常通り。
    午前中9:45ぐらいから場の浄化。
    10:00~10:30瞑想。
    10:30~12:00丹田腹式呼吸法初心者クラス。
    心と体をほぐし、鍛えます。

    
    昼休み12:00~13:00古武道の基本稽古。
    ただし19日のみ、午後の教室はありません。ご注意下さい。
    昼休みの武道の稽古は19日も致します。

    この武道の稽古は倫子塾の方は無料です。
    一般の方は受講料を事務局迄ご相談下さい。
    また、木刀をご用意願います。

日曜日:6、20日。(第1、第3)戸塚教室「癒しの呼吸エクササイズ」
    13:15~14:45
    JR戸塚駅。男女共同参画センター横浜(戸塚フォーラム)
    会員募集中です。体験もできます。会場へお問い合わせください。
    会場は広くて、環境に恵まれています。

    13日(第2)よみうりカルチャー錦糸町教室。(JR錦糸町駅ビル)
    「梵字を書く」10:00~11:30
    10月30日日曜日には錦糸町センターの文化祭が開催され、生徒さんは力作を出品なさいました。
月曜日:7日(12月迄、第1月曜日。1月からまた第3月曜日に戻ります)
    15:00~16:30
    場所は吉祥寺倫子塾オフィス。
    「今更聞けない、お便りの書き方、マナー」
    少人数でおひとり、おひとりに合わせたボールペンの書き方を添削しながらお教えします。メモ、葉書、一筆箋など縦書き、横書きで、さらさらと書けるように致しましょう。他の方とは比べないでください。ご自分のお名前も気に入った書体で書けることが大切です。実用重視です。
    14日(第2月曜日)「梵字を書く」講座。
    よみうりカルチャー荻窪教室。
10:30~12:00
    来年で開講8年目に入ります。
    まだ入ったばかりの方も、長く続けていらっしゃる方も、それぞれの進度に合わせてご指導しています。毛筆、刷毛書きの両方や、アレンジ作品にも挑戦して戴きます。来年1月9日から2週間の予定で「廊下展」を展示開催致します。只今仕上げにかかっています。
梵字にご興味の御座います方は、一度見学なさっては如何ですか?
梵字の意味、来歴、御利益、書くときのマナーなど、総合的にご指導いたしております。

    28日(第4月曜日)10:30~12:00
            よみうりカルチャー荻窪教室。「古事記に親しむ」講座。
    日本の神話や歴史を學ぶことによって、あらためて日本人であることの責任や幸せを自覚することのできる講座です。『古事記』本文はまず現代語訳で読みますが、原文の朗読を聴いたり、皆様で素読(声を上げて)したり、神話の部分を考証したり、幅広く物事をとらえる力をつけていきます。

水曜日:9、23日(毎月第2,4)
    午前中よみうりカルチャー浦和教室「倫子塾の丹田腹式呼吸法」
    10:00~11:30
    午後よみうりカルチャー大宮教室「氣力の高まる呼吸法」

          12:30~14:00よみうりカルチャー大宮教室。

   16,30日
(第3,5水曜日)倫子塾「古武道・善塾」18:30~20:30
   受講料3000円。
   23日(第4水曜日)「第20回 倫子塾で學ぶ 甦る美しい國語」講座。
   受講料3000円。
   主に文語の作品、唱歌を素読、読み解き、鑑賞しています。
   言葉は日本人の精神性を表しています。語彙も表現も表記も世界に類がない程、豊かな日本語(國語)を、あらためて學んびましょう。

木曜日:10,24日(第2,4水曜日)よみうりカルチャー荻窪教室。
    「丹田腹式呼吸法」15:20~16:50
         
金曜日:18日(第3金曜日)よみうりカルチャー荻窪教室
    「パワースポットを体感する」講座。3回セットの講座です。中の1日は現地研修です。10,11,12月がセットですので、11月が現地研修になります。
今回は虎ノ門の金毘羅宮に参ります。
集合場所:10:30金毘羅宮。銀座線出口4を上がって左すぐ。神社手水舎前にて。

    25日(毎月第4金曜日)よみうりカルチャー大宮教室。
    午前中「古事記に親しむ」10:30~12:00

           午後「梵字を書く」13:00~14:30
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

*ヒーリング・ヒーリング整体、整体のみのご予約、お問い合わせは「倫子塾」事務局か「ヒーリングオフィス・てら」にお問い合わせください。
祝・祭日も承っております。
スタッフと施術者はご希望により、二人以上で立ち合います。

施術時間:原則として9:30〜20:30

rinko@officerinko.com(メールの題名、お名前をお書きください。題名やお名前の無いメールは迷惑メールで自動的に処理されたしまいます)

      

     


posted by rinko at 14:17| Comment(0) | 倫子塾の活動・お知らせ

2016年10月03日

第18回倫子塾で學ぶ 甦る美しい國語講座9月28日


第18回 倫子塾で學ぶ甦る美しい國語講座 2016.9.28

2016.9.28.JPG

                                     *

あくる日受講された方(大学生)がコメントをくださいました。
御許可を得て以下に転載致します。
                                  *

在原業平の和歌もあれから思い出せてすっきりしました。

さて、今回の授業で私が一番驚いたことは私と妹以外の方は「村の鍛冶屋」を歌えたことです。
小、中、高と思い返してみて日本の童謡を習った記憶がありません。

国歌である君が代も一切習いませんでした。
国歌については、私は親から教えてもらっていましたが、同級生は歌えないのが普通でした。
祖父が歌ってくれる歌を私はわからず、一緒に歌えたためしがありません。

祖父、父母が何気なく歌う歌を知らないということがとても悲しいことだと今回の授業を受けて痛感しました。
                             *

お母さまからのコメントも以下に一部転載致します。

倫子先生の「この授業でやることは私たちが今まで教わっているべきことだ」というお言葉、本当にその通りだと思います。
私もただ「悲しい」と思っているだけでなく自分でこの格差を埋めるために努力したいと思います。
本当に有難うございました。

                            *

私も村の鍛冶屋ではないですが「いっこく者」になりたいです。
親というものは愚かにも、子には伝えたつもりのなっておりますし、自分も伝承されたことをマスターしたつもりになっておりますが、昨日のように体系立てて教えていただくと、足りないものがよくわかります。
どうか今後も宜しくお願い致します。
                                *

*わたくしからの(注)

 毎回
文語の唱歌、童謡を1〜2曲ご紹介して歌っています。

*「君が代」は教科書には載っていたのですが、そこへは紙が貼られていて見ることもなく歌うこともなかったとのことです。

*歌詞の中で日本の「たたら技術」については神話の時代から奥出雲にもあったということ、鐵(てつ)で武器を作る前には農具を作っていた日本の歴史があるということ(野鍛冶と刀鍛冶に分かれていた)と「いっこく者」の意味を解説いたしました。